幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

社会性を培う

社会性(社会生活をうまくやっていく能力)と人間性(人間らしさ・望ましい人柄)には、共通点があります。

社会性を培うためには、私たちが社会の一員として文化財を(学問・芸術をはじめ有形無形の文化的価値を有するもの全て)積極的に受容し、身に付けることが重要です。

デューイ ( 1859〜1952年・アメリカの哲学者・教育学者 ) は、 教育をコミニュケーション( 人間が互いに意思・感情・思考など伝達し合うこと )と考えました。

彼によれば、社会集団を構成している個人は生と死を繰り返し、新しく生まれた未成熟者は、成熟者との間のギャップを埋める必要がありました。これによって大人の生活は子供に受け継がれ、社会集団はこの更新の過程を繰り返しながら存続していくと言うのです。

未成熟者が成熟者になるということは、社会性を身に付けるということに他なりません。


「人間は社会的動物である」と、言われます。私たちの存在は、社会を離れて考えることは出来ません。

「アベロンの野生児」という話があります。

 1799年、真裸で木の実や根を食物として、一人森の中で生活していた少年( 11〜12歳 )が発見されました。4〜5歳の頃に親に捨てられ、それから放浪生活を送っていたと考えられます。
 発見時、言葉や社会的習慣は失われていました。手に負えないくらい注意力は散漫で、適応性を欠いていました。身体機能や器官も、正常に発達していませんでした。

この野生児を正常に戻すために、イタール ( 1774〜1838年・フランスの医学者・障害児教育の草分け )により、野生児の教育プロジェクトチームが組まれました。

野生児は、ヴィクトールと名付けられました。イタールが重視したのは、彼に社会生活に興味を持たせることと社会的な接触を増やすことでした。

結果的には、この試みは失敗に終わりました。5年間教育しても言語機能は獲得されず、社会性の回復も無かったのです。最終的には、知的障害児・自閉症児として処理されました。


人間は自然の状態に放置されると、動物と変わることがないということです。その能力においては、動物よりかえって劣ることが分かります。社会性の欠如は、人間としての成長に大きな障害となるのです。

人間は社会の中で他の人々と交わることにより言葉を覚え、生活技術を身につけ、道徳や宗教の感情を心に植え付けるのです。社会性を培うということは、人間らしさを育てることに繋がります。



再々 教師論

だいぶ前の朝日新聞に、次のような記事が掲載されていました。

わいせつ行為を理由に処分される教員が後を絶たない。文部科学省の調査によると、2015年度は過去最多の195人が懲戒処分された。同省は重い懲戒処分を受けた教員の情報を共有し、処分歴をチェックできる仕組みをつくる方針だ。各地の教育委員会も防止策を練っている。

教師も人間ですから、食欲も性欲もあります。だからわいせつ行為も、人並みに起こしがちです。でも教師がわいせつ行為を起こすと、世間から厳しい批判が寄せられます。わいせつ行為を止める立場にあって、職責上許されない行為だからです。

特に教師の場合は、被害者が児童・生徒の場合が殆どです。被害者は、いずれも弱い立場にあります。そこにつけ込む行為ですから、なおさら許されません。

もちろんわいせつ行為は犯罪です。法を説く者が法を犯すのですから、世間の目がいっそう厳しくなるのも当然です。教師・警察官・検察官・裁判官などは、そんな点が共通しています。


もともと国民の陰の声は、教師に対して厳しいものがあります。それは教師のあり方に、多くの国民が強い期待と関心を持つための反動とも言えます。

教育に携わる者は、この事実を率直に認め、「教師とは何か?」・「教師はいかにあるべきか?」を検討してみなくてはなりません。

明治以降長い間、教師は聖職者として教育に対する熱意や力量を求められてきました。大正7年4月7日付の文部省訓令には、次のように記されています。

小学校教員たらんもの須らく職責の重大なるを自覚し、常に徳操の向上と学力の進歩とに努め、拮据励精其の天職を尽さんことを期せざるべからず。

このように重大な職責を果たすべき教師は、国家統制の末端の役割を担っていたのです。ですから教師たるもの、社会的地位は必ずしも高くなくても、表面は聖人君子であることを求められました。

教師は天職だからと言われる反面、その実は 「デモ・シカ先生」・「サラリーマン教師」・「三ト主義先生」などと、国民から陰口をたたかれていました。

教師がわいせつ行為を起こせば 「それ見たことか・・・」となる背景には、教師に対する不満・不信の声があったからなのです。


それでも教師像は、戦後70年を経て(特に1960年以降)大きく転換しました。現代社会では、教育の中でも ”人間” や ”人間性”の尊重が重視されます。
教育は人間相互の営みだからです。

教師と言えども、完全無欠な人間ではあり得ません。でも教師に求められるのは、自らの人間形成に熾烈な意欲と、一貫した誠実な態度です。

昔から、教育とは魂の交流だと言われます。教師の人格的影響が、教育の最も
根源的で重要な領域と考えられます。

教師も一人の人間に過ぎませんが、職責を果たすには自らの任務の重大さを深く認識し、常に厳しい自己反省を怠らず、熾烈な求道精神を持ち続ければなりません。

教師自身がわいせつ行為の背景を学び、人間性を高める努力を重ねれば、このような事件は減少し、国民からの信頼も取り戻すことが出来るのです。



お礼

 お礼

体調がすぐれないことをブログに書いたところ、おつき合い頂いている何人かの方から、お見舞いや励ましのメールなどを頂戴しました。お気遣い賜り、心からお礼申し上げます。
お陰さまで体調も元に戻り、平常の生活が営めるようになりました。ご報告を兼ね、お礼に代えさせて頂きます。








快気祝い

ようやく気分も良くなり、平常生活に戻りました。
この2週間 妹(京都在住)・娘(広島在住)・孫(同居)の
世話になりました。 感謝 !




練馬区の ゆるキャラ「ねり丸 」
( 2017, 9. 22 娘が練馬区役所にて写す )



IMG_1969_convert_20170923095939_convert_20170923105121.jpg
娘の家の飼い猫




体調 すぐれず

体調を崩して2週間が経ちます。まだスッキリしません。
歳のせいでしょうか?



広島カープ優勝!
IMG_4528_convert_20170920180057.jpg

広島の孫たちは、きっと喜んでいることでしょう。


秋の七草
IMG_4522_convert_20170920180206.jpg
ススキ  ?  ( 通院の途中 近くの公園で 2017, 9. 20 写す)


はぎ(萩・万葉集で一番多く歌われる花)  
すすき(薄・イネ科の多年草。穂に白毛があるので尾花とも言われる。)
くず(葛・根は葛根湯として解熱用の生薬として利用。)
なでしこ(撫子・花弁は縁が細裂。淡紅色の可憐な花。)
おみなえし(女郎花・茎頭に黄色の小さな花が傘状に群がり咲く。)
ふじばかま(藤袴・淡紅紫色の頭花を枝先に密生。)
ききょう(桔梗・青紫色または白色の花。万葉集では朝顔のこと。)


いずれの花も、秋の情趣を私たちに届けてくれます。