幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

一粒万倍日

きょうは、カレンダーに「一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)」とありました。一粒の
種が万倍に増える日です。ずいぶん欲張った話です。昔から、事始めによい日と
されていました。然し増えて多くなると困るようなこと、例えば借金などはしては
いけない日です。

私の家から吉祥寺(武蔵野市)の町までは、歩いて30分ほどです。散歩には、好適
な道のりです。 吉祥寺は若い人の町と言われ、活気があります。商店も若者好み
の華やかな店が多く、ウインドウショップだけでも十分楽しめます。

それに何よりも四季の自然が美しい井の頭公園が、隣接しています。玉川上水を
挟んで、武蔵野の面影がそのまま残されています。だからここまで足を延ばすと、
身も心も癒されます。運動嫌いの私もこの至福の時を求めて、吉祥寺への散歩を
心がけてきました。

ところが昨年の新型インフルエンザの流行を口実に、8月頃から人混みへ出かける
のを避けるようになりました。(本音は、暑い夏の散歩から逃げたのですが・・・)

そこで一念発起、「一粒万倍日」に触発されて吉祥寺への散歩を再スタートすること
にしました。

久しぶりに歩いてみると、途中の町の様子がずいぶん変わったような気がします。
古くからあった住宅が壊されて、更地になっているところがありました。駐車場だった
ところに、新築住宅が建ち並んでいました。
おなじみだったお店が閉店し、新しいお店に変わっていました。

有為変転は、世の習いでしょうか?
たかが往復1時間ほどの散歩でしたが、町の変化に時の流れの速さを感じました。

目には見えませんが、町の移り変わりから、人生の浮き沈みも垣間見えたような気が
します。「年々歳々花相似たり、歳々年々人同じからず。」 通りすがりに見る家の
庭に咲く椿の花には、見覚えがあります。
でもその花を見る人たちは、きっと前と同じ人は少ないのでしょう。

散歩再開日の感想です。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/956-ad65e14b