幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

異常気象

中国・九州地方を襲った豪雨は、「中国・九州北部豪雨」と命名されました。
梅雨末期の「あばれ雨」と言えばそれまでですが、近年梅雨の様相が少し
おかしいように感じるのは 私だけでしょうか?

東京地方も 梅雨明け宣言があってから、梅雨空が続いています。以前なら 
「戻り梅雨」と言って納得していたのですが、どうも「異常気象」と言う言葉の
方が、似合うような気がしてなりません。

素人判断ですが、竜巻が度々発生したり・豪雨と少雨地帯にはっきり分かれ
たり・東京湾でサンゴや熱帯の魚が育ったり・・・・
やはり地球温暖化の影響でしょうか? この問題を真剣に考える時が、いよ
いよやって来たようです。

梅雨は、昔から災害と恵みをもたらす雨でした。もちろん天気現象ですから、
決まり通りにはなりません。でも普通の年だったら、「今年の梅雨は雨が
多い」とか 「・・・少ない」とか 予測できました。

梅雨の平均的な雨量は、「西日本が多く 東日本は少ない」 という常識も
あります。特に東京の梅雨は、しとしと降り続く 時雨(じあめ)型で その
期間が長く鬱陶しいのが特徴です。

それが 今年の東京の梅雨を振り返ってみると、どしゃ降りの雨になったり 
急に晴れ間が覗いて夏日になったりしていました。

いずれにしても 気象学的に考察すれば、積乱雲が群発するようになると
驟雨(しゅうう)性の集中豪雨になります。
積乱雲が立ち始め雷が鳴り始めたら、梅雨前線が活発化して、豪雨となる
兆しです。注意しなければなりません。

災害に遭われた方々へのお見舞いと 被災地の一刻も早い復興を願って!


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/881-84ecef13