幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

花の競演


 わが家のクロッカス

昨夜WBCの対韓国戦は、日本が大勝しました。花形選手たちが競うこの大会は、
アメリカ大リーグ機構(MLB)が音頭を取って始まったものです。
然し肝心のアメリカでは、いま一つ関心が薄いようです。

運営面でも色々と、問題があるようです。収益もMLBと大リーグ選手会で作る運営
会社(WBCI)が管理して、そこから参加各国に配分される仕組みです。配分率も、
問題があるようです。大口スポンサーの日本は、不服を申し立てています。

でも王監督が率いる日本チームは、前回WBCを制覇しました。ですからWBCに
対する日本人の関心は、とても高いのです。

日本人は、人が良いのでしょうか? 
いや 単純に、野球が好きなだけと考えましょう!


「花」という字は、古くは「華」と書きました。いまでもその名残で、「華やか・・・」と
書き表します。

「中華」と言えば、中国を表します。世界の中央にあって、文化が進んでいる国を
意味します。「華燭の典(宴)」と言えば、結婚式のことです。

「花」のつく言葉は、600語以上あるそうです。今年はサクラの開花が早いようで
すが、サクラの花に関係する言葉だけでも次のようなものがあります。

花時・花見・花冷え・花曇・花嵐・花明かり・花吹雪・・・・

東京のサクラの開花予想は、3月25日ごろです。公立小中学校の、卒業式の花に
なりそうです。

「花道」、という言葉があります。相撲の花道・歌舞伎の花道はよく知られています。
相撲の方は、お相撲さんが土俵に向う通路のことで、東西に分かれています。

歌舞伎では、下手にある廊下のような舞台を指します。舞台で華やかな演技を終え
た役者が、花道を通って引き揚げる時、もう一度別れ際の演技をして惜しまれなが
ら去るのが定番です。
転じて 「引退の花道を飾る」、というような言葉が生まれました。

いずれにしても 「花より団子」が、本音でしょうか?


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/818-ce82c4ba