幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

老化を嘆く前に

最近体の各機能が低下していることを、自覚するようになりました。多分脳の神経
細胞も、減少してきていると思います。

一般的には60~65歳以上を、老年期と呼んでいるようです。だから75歳以上を、
後期高齢者と名付けたのではないでしょうか? それにしても後期と言われると、
老年末期 後が無いという感じで失礼?です。

体の衰えは、心の働きも低下させているように思います。脳の老化、イコール心の
老化とも言えます。 心の老化は、先ず記憶力に表われるようです。 最近特に、
物忘れがひどくなりました。物忘れがひどくなったことに気づくと、今度は理解力や
判断力も鈍っていることに気づきます。

自分では若い者に負けないと意気込んでいても、 本当はもう敵わないことを思い
知らされます。先日も教え子のクラス会で話し合っていたら、彼らが私を気遣って
話を合わせてくれていることが分かりました。

「心の老化を防ぐためには、活発な好奇心を持って 常に外に働きかける気持ちが
大切!」、という話を聞きました。 そうは思うもののだんだん出不精になり、外と
関わるのが億劫になってきます。

うつ病の人が、引っ込み思案になったり引きこもりになったりする気持ちと同じで
しょうか? それでは 「心の老化」というより 「心の病」だなと、ひとり苦笑して
います。


14歳少年のバスジャック・15歳少女の父親刺殺、彼らの心も 急速に老化して
病んでしまったのではないでしょうか? 

現代社会は複雑で、その上目まぐるしく変化して行きます。

食品偽装事件・教員不正採用事件 ・・・・ マスコミは毎日のように、大人社会の
恥部を抉り出して伝えています。

虚偽・欺瞞のはびこる世の中、純真な子どもたちの心を蝕みます。きっと子どもたち
の目には、夢も希望も無い社会として映っていると思います。

少なくとも私たち大人は、子どもたち若者たちの生きる希望・夢を奪ってはいけませ
ん。「老化を嘆く前に、世直しのため?もう一肌も二肌も脱がなくてはいけないな!」 
と、思いなおして老体に鞭打つことにしました。
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/717-81f008ad