幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

命あって

「死生命あり」人の生死は天命であって、人間の力で決めるものではありません。

もう20年以上も前になりますが、友人の娘さんが17歳という若さで自殺しました。
優秀な子どもさんで周囲のみんなから期待されて育ったのですが、 大学受験に
失敗して(それもたった1回だけの失敗で)自ら命を絶ちました。

20年以上経った今も、友人と奥さんの悲しみは消えません。「娘に期待をかけ過ぎ
て、受験競争に追いやってしまった!」と、彼は今でもその悔いを口にします。

命の尊さについては、今さら繰り返すまでもありません。何事も命あってこそ可能に
なるのですし、成り立つのですから。

封建時代は「命は鴻毛より軽し」と言って、「正義のため(君主のため)に命を捨てる
のは惜しくない」という思想がありました。今は、そんな時代ではありません。

ただこの諺が言うように、命は軽くて脆い面があります。「生は難く死は易い」です。

最近は困ったことに、「硫化水素自殺」なるものが大変流行っています。特に若者が
この方法を真似て尊い命を落としています。

人は「人間」というくらいですから、人の間で生きています。 だからあなたと関わって
いる人、あなたを必要としている人が必ずいるのです。 あなたを間に置いて関わる
多くの人のためにも、あなたの命を粗末にしないようにしましょう!


四川大地震の死者は、とうとう5万人を超えそうです。 「命を救え」と、中国国民は
全力を挙げているはずです。

日本からも、ようやく救援隊が派遣されました。生存率のタイムリミットを過ぎてからの
派遣という批判もありますが、まだ被災地で救援を待っている命が沢山あるのです。

どんな状況下にあっても、人事を尽くして1人でも多くの命を救って欲しいと願っていま
す。たとえ9割は死を免れないとしても、諦めるのはまだ早いと思います。

「万事に一生を得る」と言われるように、人間の生命力の強さを信じましょう!


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/679-d546f59e