幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

携帯電話殺人事件

ちょうど1年前のこのブログで 旧会津藩学舎 「日新館」の館則 「相成らぬことは
相成らぬこと」を紹介しながら、車内での携帯電話を注意した体験談を書きました。

内容は、次のようなことです。  
(傍若無人にシルバーシート付近で電話をする若者に注意したもの)

(前略) 注意されれば逆切れしそうなタイプなので、誰も注意しません。運転手さん
も そして私も・・・・ みんな遠巻きにして見ているという感じです。

小学生の子どもたちも、何人か乗っていました。子どもたちは ふだん色々な角度か
ら、大人の様子を見ています。そして大人の理想像を求めながら、成長します。

この男の行為は本人が気づかぬうちに、子どもたちの夢や希望や自信まで奪ってし
まうかも知れないのです。子どもは、大人の言うようにはなかなかならないが する
ようにはすぐなるのです。

やっと(電話を終えたな) と思ったのも束の間、男は再び電話をかけようとしました。
さすがに私も我慢できなくなり、男が気づくように 「携帯電話の電源を切りましょう」
という注意書きを指差しました。(昼間だし男が乱暴したら誰かが助けてくれることを
念じながら・・・)

男は私の顔をジロッと にらみつけるようにしましたが、 それでも電話をかけるのを
やめました。(私も内心ホッとしました)
  (後略)


ところが今日の新聞を見ると、松坂市のバスで携帯電話の会話を注意した61歳の
男性が、注意された58歳の男性から暴行を受け死亡したという記事です。

加害者は例によって、「強く注意されて腹が立った」と言うのです。58歳にもなった
男が、逆上して人を殺したというのですから目を疑いたくなります。

自分中心というか社会性が育っていないというか、要するに自己確立が出来ていな
いのです。 「三つ子の魂百までも」と言いますから、 幼児期にすでに形成された
人間性かも知れません。この記事を読みながら、思わず背筋が寒くなりました。

そういえば土浦市で8人を殺傷した事件も、 岡山駅で乗客を突き落として殺害した
事件も、その犯人たちは自己確立が出来ていない点が同じです。

自己確立が出来る人間になるには、 幼児期に自己抑制が出来る子どもになれるか
どうかで決まります。自己抑制が出来ないというのは、他人の迷惑を顧みず身勝手に
行動することです。つまり自制心が無いことです。

彼らに 「相成らぬことは相成らぬ」ことを、 どう身につけさせたらよいのでしょうか? 
なかなか名案は浮かんできません。

最近の携帯電話は、 医療機器を身につけた人に害を与えないことが分かってきまし
た。 それなら車内で使用する時の最低限のマナーを決めて、後は自由に使わせると
いうのも一方法ではないでしょうか? 「この程度ならトラブルにならないだろう」という
判断は、使用する本人に周囲の状況などから判断させるのです。

でも自己確立が出来ていない人間には、いくらマナーを説いても 無理かも知れませ
んね。 やはり幼児教育・家庭教育の見直しが、優先されるようです。


コメント

力無き正義は無力なり、正義無き力は暴力なり

<バス暴行死

「他人の迷惑行為を止めようとしたらどうなるか」っていう「典型例」が、まさに目の前に転がってたから、乗客は凍りついちゃったんでしょうね。

(まして逃げ場の無いバスの中、「安全な場所に隠れて通報」なんて容易に出来ない訳で。)

…ていうか、「注意して刺されて死ぬ」「注意して殴られて死ぬ」、そんな事が今まで何度も起きてるのに、他人に注意して凹られる人を見て、「この人達、危機意識とか、学習能力って物は無いのかな」…って思いました、正直。

なんだかんだで、今の世の中は「力無き正義は無力なり、正義無き力は暴力なり」が現実な訳で…。

他人の迷惑行為を止めるのなら、最低でも、特殊警棒なり、催涙スプレーなり、安全靴なりで武装しなきゃ駄目なんじゃないか…と思う自分がいます。

…。
……。
………。

自分は、外出の際、「特殊警棒」「催涙スプレー」「安全靴(爪先が鉄鋼)」「IDカード入りホイッスル」「コルク入りホイッスル」を肌身離さず持って出てますが…。

それでも、今回みたいな光景が目の前で起きてたら、止められたかどうか…。

都筑てんがさんへ

本当にそうですね
「特殊警棒」を持っていても この種の暴力はとても防げないと思います 今の世の中 「力のある正義」を どう培うかが問われています つまり 真の正義心を育てなければ 対処療法的な手段では こんな事件はなくならないということです
然し 力のある正義が通用する世の中は すべての人が不正を許さないという強い姿勢の 家庭・学校・社会等で育てられなければなりませんね 難しいことです

  • 2008/04/05(土) 13:09:06 |
  • URL |
  • 元園長 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/659-8468ce84