幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

イージス艦の衝突事故

漁師父子の安否は、どうなっているのでしょうか? 冷たい、冬の海です。最悪の
結果にならないように、祈ります。

高性能のレーダーを備える 最新鋭のイージス艦が、 何故漁船と衝突したので
しょうか? 衝突予防法からは色々と議論されているようですが、庶民には理解
し難い事故です。

もし漁船ではなくて爆弾テロを目的とした船だったら、 どうなったのでしょうか? 
イージス艦の見張りが甘かったと言われても、仕方がないのではないでしょうか? 

それにしても海上自衛隊の艦船による衝突事故は、意外と多いようです。国民の
安全を守るための自衛隊が、危険を振りまいているようでは何をかいわんやです。
沖縄の米兵ばかり、責められません。

報道によると事故報告のシステムも、お粗末なようです。福田首相がこの事故を
知るまでに、2時間もかかったと言います。外国で起きた事故ではなく、東京から
目と鼻の距離の千葉県房総沖で起きた事故です。

かたや全長165m・排水量7750トンの鉄のかたまり、かたや全長15m・総トン数
7,3トンの半木造船です。最近の船はスピードも速いので、衝突したら漁船はひと
たまりもなく破壊されてしまうでしょう!

私たちは陸上における交通事故の恐さはよく知っていますが、海上での船舶事故に
ついてはあまり知りません。日本は海に囲まれていますから、考えれば船の事故も
多いことは容易に想像できます。

事故が起きると首相始め関係大臣たちは、「事故や被害にあった人の捜索・救出に
全力を挙げる!」 「2度と事故が起きないように全力を挙げて取り組む!」と、常に
言います。

その前に「事故や事件が起きないように全力を挙げて取り組む!」ことに、力を入れて
欲しいと思います。

それにしても最近の防衛庁は、どうなっているのでしょうか? 前事務次官の逮捕で、
本庁の方にばかり目が向いていましたが、 現場の自衛隊そのものも色々と問題を
抱えているのではないでしょうか? これでは米兵の非行に対して、はっきりものが
言えなくなる心配もあります。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/635-6e4dee7f