幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

成人式

昨日郵便を出しに表へ出たら、近所のNさんの家の前に人が集まっていました。
何事かと思って近づくと、Nさんの孫娘が成人式に出かけるところでした。

Nさんがカメラマンになって、振袖姿のお孫さん撮影していました。隣家のHさん
一家も総出で、ご主人が一生懸命にシャッターを切っていました。

つい最近まで地域を元気に飛び回っていたお孫さんが、もう新成人になったのです。
歳月の過ぎるのが早いことを、思い知らされました。

「おめでとう!」と私が声をかけると、「ありがとうございます」と彼女は笑顔で元気に
答えました。

わが練馬区は千葉のディズニーランドには及びませんが、豊島園という遊園地で
成人式が催されます。新成人には、人気があるようです。

今日の朝日新聞の社会面に、ジェットコースターに載って歓声を上げている新成人
たちの写真が掲載されていました。練馬区は広いので、参加者は4268人でした。

同じ紙面には、酒に酔った勢いでパトカーの窓ガラスを壊した新成人の記事があり
ました。また式場に入る前に、飲酒検知器で新成人が酒を飲んでいるかどうかを
調べる自治体のあることも紹介されていました。

最近は荒れる成人式が減ってきたとはいえ、まだまだ問題があるようです。

私が成人になる頃は、新成人はほとんど社会に出て働いていました。ところが
現在の新成人はまだ学生だったり親のすねかじりだったりで、多くが親掛かり
の生活状態です。

加えて大人の社会を見渡すと、偽装・欺まん・汚職・不正がはびこっています。
大人への不信感・大人社会へ巣立つ不安感は、昔よりずっと強いと思います。

そんな潜在的イライラ感が、成人式で爆発しているのではないでしょうか?

成人式は世界各地でも行われ、歴史も古いようです。日本でも奈良時代の
成人式の記録が残っています。

成人を祝う年齢は時代によって少しずつ変わりますが、男子が13~16歳、
女子は12~16歳で1~2歳若かったようです。平均寿命が短い昔のこと
ですから、それだけ早く一人前になるように求められたのだと思います。

実際に自立する年齢には、個人差があります。暦年齢が20歳で、大人に
なるわけではありません。

時代を担う若者たちに大人としての自覚を促すためにも、成人式は意味が
あるのだと思います。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/612-a4d2233e