幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

高校野球雑感

夏の高校野球も、準々決勝まで終わりました。残った佐賀北・広陵・長崎日大・常葉
菊川の4校が、いよいよ準決勝・決勝を迎えます。

今大会では、日大系が3校登場してきました。(春の時もそうでしたが) 北海道代表に至っては、2校とも駒大系です。

今年は、いわゆる野球校と言われる学校が、不明朗な奨学金問題で揺れました。
(これに対する高野連理事たちの対応も不手際で、話題になっています。)

そんなわけで、高校野球に対するイメージダウンもあり、興味を多少失くしていました。でもこの連日の猛暑の中、元気にプレーを続ける高校球児たちの姿を見ると、
そんな気持ちも忘れて、テレビにラジオにかじりつく毎日です。

私の場合、守備はどうか? 投手はどうか? 打線はどうか? というよりは、東京が勝つか? 佐賀が勝つか? という、お粗末な地域エゴが優先します。真剣に白球を追う選手たちには、申し訳ない話です。

先ずは東京勢を応援していたのですが、昨日までに姿を消しました。後は、孫たちが応援している広陵の準決勝進出に、関心が向いています。

それにしてもこの暑さの中、どの選手も一生懸命頑張っている様子を見ると、頭が下がります。声を嗄らし、全身全霊で応援している観客も、応援団の生徒たちも大変です。熱中症にかからなければよいのですが・・・

高校野球の魅力・楽しみ方は、人それぞれ色々だと思います。私が好きなのは、「静」と「動」のバランスが取れていることです。

ヒットやホームランで、球場が割れるような騒ぎになる時も、その前には、必ず守る
選手1人1人の、慎重な姿勢の瞬間があります。

「静」と「動」が、いつも隣り合って存在します。投手の投球には、冷静な判断力が
求められます。3振を奪う場合もあるし、ヒットを打たれる場合もあります。その都度、球場は静まり返ったり、歓声で沸き返ったりします。そんな光景に、私は惹かれるのです。

「有為変転は世の習い」と言います、高校野球にもそれを感じます。ですから「静」が「動」を制することもあれば、その逆もあります。結果は、あるがままに受け入れなければなりません。

甲子園に出てくるくらいですから、各校の実力は、練習量も気力も互角だと思います。結果は天も判断し難いのでしょうか? 時々思わぬ判定が出ます。そんな予想外の結果に出会うのも、野次馬の楽しみです。

高校野球の熱戦も、そろそろ幕を閉じます。終われば夏休みも終わります。子ども
たちには、「勉強の秋」・「食欲の秋」・「〇〇の秋」が待っています。

明日から広島へ出かけます。広陵の結果は広島で聞くことにします。
(しばらくブログを休みます。)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/540-855a008d