幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

閻魔様の繰り言

嘘をつくことと騙すことは、似て非なるところもあります。エープリルフールの嘘なら、
ユーモアとして許されます。でもはじめから人を騙して陥れたり、騙りの手段だったり
すれば、許されません。

最近も、コムスン・NOVAと続いて、北海道の食品加工会社ミートホープによる偽牛肉ミンチ事件等、どれも騙すことが目的の、騙り商法でした。

昔から、「渇しても盗泉の水は飲まず」「武士は食わねど高楊枝」と言って、どんなに困ろうと、不正や不義だけはしないという意地が、私たちにはありました。騙して儲けたとしても、「悪銭身につかず」と言うではありませんか・・・

閻魔庁には、「浄はり」という水晶の鏡があって、この鏡に死者の生前の悪行が、
全部写し出される仕組みだそうです。

そこで悪事が露見すると、地獄行きが宣告されます。地獄では、閻魔様の命を受けた赤鬼・青鬼が、嘘をついた人の舌を抜いたり、悪いことをした人に、煮えたぎった銅汁を飲ませたり、罪人の体をノコギリで斬ったりします。

私が子どもの頃は、大人たちがこんな話をよくしました。子ども心にも、怖かったのを覚えています。今の子どもたちは、どうでしょうか? 刺激の強い現代社会ですから、あまり怖がらないかも知れません。また大人も、あまりこんな話はしないようです。

閻魔様を持ち出すまでもなく、悪事はいつか必ず人の知ることになります。地獄の罰を受ける前に、思い留まって欲しいものです。

東京渋谷の温泉施設で爆発事故があり、3人の女性従業員が死亡しました。

都会人のストレスを癒すために、作られた施設だと思います。安心して、快適に憩える場所だったはずです。もし、安全に嘘や偽りがあったのだったら、許せません。徹底的に調査をして、同様な施設の安全対策につなげて欲しいと思います。

ところで、安倍首相の国会運営に、嘘は無いのでしょうか?

イラク特措法改正が成立しました。どう見ても、現在のイラクの状況は、戦闘地域そのものです。

教育改革についても、公権力が教育現場の画一化を目指しているように感じますが、そうで無いという保障があるのでしょうか?

年金問題にいたっては、誰が考えても、1年以内の解決は無理のように思います。結果的に、社保庁の数合わせで終わってしまうのが落ちと、懸念されます。

政治問題に目を向けてしまうと、あれもこれも嘘ではないかと、気になります。
政治の嘘は、国民の生死を左右することもあるのですから・・・

 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/510-3ef3d55c