幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

子どもの手

私は、公立幼稚園に園長として、7年間在職しました。その幼稚園は、4歳児を年少組、5歳児を年長組とする2年保育制でした。

そこでは子どもたちと、手をつなぐ機会がとても多かったのですが、それで気づいたことがあります。

4月当初、入園してきたばかりの年少児と手をつなぐと、握る力も大変弱く、手を自由に使いこなす器用さも殆んど見られず、ぎこちない様子です。

ところが、年長児と手をつなぐと、彼らは握る力がずいぶん強いのです。そして、自分の意志で手を動かし、使いこなし、器用に仕事も進めることが出来ます。

そこで、いつ頃から年少児たちが、自分の手を器用に使いこなすようになるのかと、気をつけて観察してみました。すると、意外に早く、年少の夏休みが過ぎた頃からだということが分かりました。幼稚園の環境にも馴れ、集団生活にも馴れ、保育活動についていけるようになる頃です。

それは、子どもたちの絵を見ても気づくことができます。入園当初の年少児の絵は、太さも濃さもまばらな線が、弱々しく無意味に重なり合いながら描かれています。

でも年長児の絵は、もっと複雑になってきます。表現されたものはアンバランスでも、2つ以上の事象が描かれるようになり、子どもたちの、絵に篭められた心情も、読み取ることができるようになります。

手の力がついてきたら、生活の中で、どんどんそれを使う活動が大事です。ただ、手の正しい使い方(操作・技術)については、大人が指導する必要があります。

例えば、靴や衣服の紐の結び方などは まず基本を教えてあげます。後は子どもたち自身に、繰り返し練習させればよいのです。子どもたちは、紐を何べんも結んだり解いたりしているうちに、しっかり結ぶコツを体得したり、小間結びなどを解いたり出来るようになります。

箸が使えないからスプーンで食事をさせるのではなく、箸を与えて、正しい持ち方、使い方に慣れさせます。スプーンはスプーンで、その正しい使い方やマナーを、身につけさせればよいのです。

鉛筆や筆の使い方もそうです。これらも、まず大人が基本をしっかりと子どもたちに教えることが大事です。

然し、子どもによっては、先天的に、箸や鉛筆の持ち方・使い方を、自己流でこなす場合があります。その方が力も入るし、使い易いようです。この場合は、無理に矯正する必要はありません。(特に左利きの場合に多い)

手を使うことは、子どもの大脳の発達を促すと言われます。

 

コメント

はしの持ち方教室が人気、だけど…

はじめまして、コミュニケーション研究家・尾塚理恵子です。お母さんとお父さん自身が正確に箸を持っているかどうかが重要ですよね。

尾塚さんへ

その通りです 親が正しい持ち方をしていることが 基本を教えていることになります はしの持ち方教室が人気?とは 育児放棄をしているに等しいですね

  • 2007/01/25(木) 15:54:35 |
  • URL |
  • 元園長 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/439-3ed0b468