幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

水の事故をなくそう!

「万物水より生ず」と言います そう言われてみると 無邪気に水遊びではしゃぐ子どもたちを見ていると 分かるような気がします

これから 水に親しむ機会が多くなる季節です そこで 私の長い小学校・幼稚園勤めから学んだ 水の事故防止について 気づいたことを書いてみます 子どもに水遊び(水泳)をさせる時に ぜひ参考にして下さい
(学校や幼稚園での水泳指導でない場合について)

事前の注意
家族で水遊びをする時は 健康調査が いい加減になりやすいものです 子どもも 遊びたいために 体調が悪くても隠してしまいます 直前に 日常と違う様子に気づいたら たとえ予定していたことでも 思い切って取りやめる勇気が大事です

準備運動や整理運動も いい加減になり勝ちです 大人が真剣に事前・事後の運動をする様子を 子どもに見せてやって下さい
命を守るために大切なことだと 実感させて下さい

水遊びは 子どもは開放的にします 子どももつい油断します 気持ちもたかぶっていて 平常心とは言えません 落ち着かせてから実施するようにしましょう

プールで遊ぶ
学校や幼稚園のプールと違って 設備や人的環境が変わります 中高生もいれば大人もいます 設備も使い慣れない場合があります わが子を見失うことが無いように 気をつけましょう 

プールには静かにゆっくり入るよう 習慣付けします そして 始めから激しい泳ぎはしないで 徐々に運動量を増すようにさせます 先生と違って監視員ですと どうしても気ままな行動になります

できれば2人組で水に入り(友人または家族で) 時々手をつないで上にあげ 無事を確認し合います (バディシステムと言います) 同じプールでも 深さが変わる場合があります 幼児から小学生低学年くらいは 水深が胸の位置より上になると 恐怖感を抱くようになります

プールサイドを駆け回り 怪我をする例は 意外と多いのです 水から上がった時は 静かに休ませましょう 日照りには注意して 時々頭を濡らしたり 日陰で休んだりするように心がけます

水遊び中 様子がおかしいと思ったら すぐに遊びを中止させて休ませます 異常としては 寒がる 顔色が悪い ぼうっとしている 泳ぎ方がおかしい(水を飲んでむせたりする)などです 

海で遊ぶ
海は 子どもをより開放的にし 冒険心をあおります プール環境とは大違いです 満潮・干潮もあれば 潮の流れもあります 水温・水深も変化があります 天候・海辺の状態 人出によって 雰囲気が大きく変わります 地元の人(あるいは海の施設の人)から 当日の海辺の情報を聞き集めて 参考にして下さい

子どもへ水遊びの制限区域を徹底します 入退水の時間 それに集合場所も徹底します (これは強く指示するように) 日照り対策は プール以上に気をつけて下さい 冒険心が事故につながることがあります 海辺の遊びについて よく話し合っておき
ましょう

川で遊ぶ
海の場合と同じように 自然環境をよく調べます 水の流れ方 川の深さ(一定でない) 水底の様子(硬い・ぬるぬるしてる・やわらかくて足がとられる等) 川岸の様子 とっさの場合つかまる物がある 等々 色々あります そして 雨が降る前と後では また違いますので 直前の様子をしっかり観察して下さい

海も川も 子どもの発達段階(水泳能力)によって 遊びの内容を変えることが大事です 無理は 決してしてはいけません

応急対策
ここでは詳細に触れる余裕はありませんが もし不幸にして事故が起きた時のために 人工呼吸と心臓マッサージの方法だけは ぜひ取得しておいて下さい

夏休み 事故無く 子どもたちが水遊びを楽しめるように 願っています 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/354-de7fc9be