幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

緊急事態

アメリカのトランプ大統領は、13日に新型コロナ対策のため、国家非常事態宣言を発令しました。

一向に収まらない新型コロナのため、アメリカでは13日夜時点で2200人超が感染し、49人が死亡、感染が急速に拡大しています。

「対策が不十分!」という声が強まり、トランプ政権としても対策を示す必要に迫られました。


日本では、14日安倍首相が記者会見で、緊急事態の宣言について「現時点で緊急事態を宣言する状況では無い」との認識を示しています。

ただ「必要であれば手続きにのっとり実行する」と、逃げ道を作っています。


国内感染率は、中国や韓国、また発生数の多いイタリアより少ない点を挙げて、現時点での宣言を否定しています。

東京五輪・パラリンピックが近づいています。政府は予定通りの開催を願っているのでしょうが、それまでにコロナウイルス騒ぎが収まってくれるように、私も祈ります。


でも7月までに、新型コロナは本当に退散してくれるのでしょうか? 安倍首相や小池都知事が、「感染拡大を乗り越え、無事予定通り実施する。」と力んでも、相手はウイルスです。どんなに細かく網を張っても、くぐり抜けて蔓延します。


それに今回のウイルス騒ぎで、学校は休校し、多くのスポーツ関係のイベントも中止を余儀なくされました。こんな状況でオリンピックの準備はできるのでしょうか?

首相も「コロナ騒ぎが終息するめどは立っていない」と、言います。専門家と言われる人たちも、安全宣言がいつ出せるか?  誰も明言していません。


学校は休校し、卒業式も殆どの学校で出来なかった事実があります。安倍首相自らも、イベントの自粛を促しています。


オリンピック・パラリンピックが、本当にウイルスの感染拡大を乗り越えて、無事予定通り実施できるように私も願っています。



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/2025-51a0d1c7