幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

フード デザート

ユニセフ・ニュース264号の特集記事にこんな見出し(タイトル参照)がありました。「フード デザート」を直訳すると、「食の砂漠」という意味になるようです。デザートに砂漠という意味があるとは、知りませんでした。

世界各地の都市部で起きている食料・栄養問題を表す言葉だそうです。


日本を含めた富裕国では、消費されなかった食品が日々大量に廃棄されるという現実があります。いわゆるフードロス問題です。

「食の砂漠」と「食品ロス」は相反するように思われがちですが、実は違うというのです。


都市には、洋の東西を問わず人や物やサービス業が集まります。食べ物も例外ではありません。都市総体としては必要以上の食料が確保されたように見えます。しかし、そこに住む一人ひとりが必要とする量と質が確保されたわけでは無いと言うのです。


ユニセフ「世界子供白書2019」は、子どもの成長、つまりその子の将来の可能性を阻害する栄養問題に直面する子の数が、先進国も含めた世界の子どもの3人に1人にも上ると指摘、その背景の一つに都市化があると言います。

農村では安価だった食材が、都市では高価なので貧困層は買えません。それでもかっては富裕国の話だった子どもの肥満問題が、都市の貧困地域でも深刻な問題になっています。


世界人口は、今後十数年のうちに現在の77億人から約85億人に増えるそうです。さらに2050年までに、ほぼ100億人に達すると言われます。

この人口増に加え、農村から都市への人口移動のために、世界の都市人口は
2050年までに25億人も増加すると考えられます。


今や都市化は、避けられない現実です。一見華やかにも映る都市化ですが、経済発展という光と同時に、貧富の格差という影を映し始めているのです。




コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/2021-084230f3