幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

長寿

最近は髪の毛も少なくなり、ほとんど白髪に変わりました。

  百年に一年足らぬ九十九髪 
   われを恋ふらしおもかげ見ゆ
  
            (伊勢物語)

「百」から一を取ると「白」になるので、白髪にかけたようです。なかなか洒落ています。

白髪は天からの贈り物で、決して亀毛兎角の類ではありません。

長寿国日本です。後期高齢者は増えましたが、米寿を過ぎても活躍している人は沢山います。他人事ながら頼もしい限りです。

還暦を過ぎ61歳の「華甲」の祝いが、高齢人生のスタートです。

現在日本人の平均寿命は、80歳を超えてきました。
室町時代の平均寿命は14歳、江戸時代で22歳です。


童謡で「村の渡しの船頭さんは、今年六十のおじいさん」と歌っていますから、60歳は立派なおじいさんです。

平均寿命が短かったので、昔は「お七夜」・「七五三」などの祝い事は盛大に行われました。

江戸幕府でも徳川御三家があったのは、将軍の若年死亡に備えたものです。


華甲の祝いの「華」は、十が六つと一があるので61歳を表しています。

将棋の大山名人は、将棋盤の桝目が81あることから、81歳を「将棋壽」として祝いました。

端午の節句などは、柏餅を食べますから「柏葉壽」と言います。
柏(かしわ)という植物は、子葉が芽生えないうちは親の葉は落葉しないので、古来子孫が絶えない縁起の良い木とされました。


白寿、そして108歳の「茶寿」、さらに111歳の「皇寿」まで頑張るのも、夢では無いようです。


歳を重ねると好むと好まざるに拘わらず、老化はやってきます。「今朝食べたものは何か?」と問われて思い出せないのは老化現象です。

食べたのに食べないと言い張るのは、痴呆症の始まりです。

最近、高齢者の交通事故が問題になっています。

老化に伴い、運転技能は当然落ちていきます。でも当人は、それを自覚できずに運転を続けます。さらに老化に見え隠れしている痴呆の症状を見落としてしまうと、運転はなかなかやめさせられません。

何れにしても、事故を起こさないうちに運転免許を返納しましょう! 華甲を過ぎれば老化は始まっているのです。

でも本人はなかなか気付かないことなので、周りの家族がそれとなく注意してあげることが必要です。痛ましい交通事故をなくすためにも、老化を認めましょう!



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1993-00f8e41c