幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

改正児童虐待防止法の成立

19日の参院で、「改正児童虐待防止法」と「改正児童福祉法」が、全会一致で可決されました。

東京都目黒区の船戸結愛ちゃん(当時5歳)、千葉県野田市の栗原心愛ちゃん(当時10歳)などが、親から虐待を受けて死亡したことをきっかけに、ようやく国会も動きました。

これらの法律が成立したからと言って、虐待が無くなるわけではありません。でも子どもたちを守るための、小さな1歩です。

躾と称して体罰を繰り返している親たちへの、警告にもなるでしょう。無関心だった多くの大人たちも、少しは虐待防止に関心を持ってくれるのではないでしょうか。


改正された主な項目は、次の6点です。

 ① 躾としての親の体罰を禁止。

 ② 民法の「懲戒権」も、施行後二年をめどに見直す。

 ③ 児相に医師と保健師を配置。

 ④ 学校・教委・児童福祉施設職員に守秘義務。

 ⑤ 都道府県などは、親への再発防止を行うように努める。

 ⑥ 家族が引っ越した場合、児相間で速やかに情報共有。


こんな法律が無かった江戸時代の親子関係は、どうだったのでしょうか?
諺から探ってみました。

 *二度教えて、一度叱れ。

 *我が身をつねって、人の痛さを知れ。

 *可愛い子には、旅をさせよ。

 *親はなくとも、子は育つ。

 *親の因果が、子に報ゆ。

 *天知る、地知る、我知る。子知る。

 *好事魔多し。

 *善は急げ。


まだまだ沢山ありますが、昔の親はこれで十分だったのです。長たらしく子どもにお説教したり、体罰を加えたりするより、諺を日常の暮らしの中で自然と使っていたのです。

「故きを訪ねて新しきを知る」ことも、大事ですね。


子は宝です。子に過ぎたる宝無しです。「親思う心にまさる親心」と言います。子どもを叱る前に、ゆっくり10まで数えましょう。怒りは敵と思いましょう!



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1985-e9cd4d72