幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

子どもらしさ

子どもとは、いったい何才から何才までを指すのでしょうか?

じゃれたり遊んだり喧嘩したり、いわゆる子どもらしさが発揮できる場合を考えると、こんな時期のことでしょうか?

現代っ子は、家に閉じこもってゲームに夢中か、塾に通って勉強に追われたりしています。そんな姿は、どう考えても子どもらしいとは言えません。

とは言っても今の世の中、外で遊ばせるのは危険が一杯で心配です。家でゲームをしているなら安心です。

おまけに社会は、益々学歴重視の時代です。自分の子どもが、学校の勉強について行けなくなったら大変です。それに、受験競争も盛んです。わが子が遅れてはいけないと、塾へ通わせるのも現代の親心です。


何れにしても子どもたちの生育環境は、あまり良好な状況とは言えません。教育界は元より、社会の色々な分野で歪みが生じています。

子どもたちから子どもらしさが失われつつある現状も、無理ありません。でも心配しています。


今頃は、ちょうど受験シーズンです。先日知人の F さんから、子どもの私立中学校の受験について相談を受けました。

「目的の中学校を受験するには、成績が足りない。」と、担任の先生から言われたので、どうしたらよいか? というわけです。

多くの私立中学校では、学業成績を中心に評価して、合否を決めるのが普通です。子どもたちの評価を、ペーパーテストに頼っている現状は、認めざるを得ません。

私は F さんに、「目的校以外で子どもの学力に合った学校を選ぶか、公立中学校に進ませるかするように。」と助言しました。

受験は、有名校を選ぶのではなく、自分に合った学校を選ぶのが基本だからです。公立中学校を勧めたのは、3年間の公立中学校生活の中で、自ら学ぼうとする意欲や態度を、じっくりと育てて欲しいからです。

公立中学校では、子どもに豊かな教育環境を提供して、学ぶことの楽しさや達成感を体得させるように努力しています。


現代は、生涯学習の時代です。子どもたちは、21世紀の社会を築くと同時に、そこで生きるためには何が必要か? 自らの力で、学び取らなければなりません。


今日子どもたちを取り巻く環境は、昔とずいぶん変わりました。合理化・ IT 化など、社会の近代化のため、子どもらしさが奪われてしまうのも実状です。

だから、子どもたちを責めることはできません。子どもたちを守る環境作りが、先決なのです。


今こそ家庭・学校・地域社会が、いっそう連携・協力して、子どもたちを悪しき環境から守るための具体策を講じなければなりません。

このまま放置しておくと、子どもたちから子どもらしさは、益々失われて行ってしまいます。



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1931-bd5055a3