FC2ブログ

幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

孟宗竹のように


 ご近所の孟宗竹林 ( 2018,11.15 写す )

ご近所に、孟宗竹林を所有される旧家(以前は農家)があります。
毎年春になるとタケノコが生えて、お裾分けしてもらっています。

孟宗竹は中国が原産のようですが、日本各地で育っています。本来温暖な地を好む植物ですが、北海道でも栽培されていると言いますから、寒さにも強いようです。

和名の孟宗(モウソウ)は、中国の三国時代(180〜280年頃)に登場した呉の国の孝子「孟宗」にちなんで名付けられたと言われます。

孟宗は役人になり、県令にまで出世しました。冬のある日、母親に好きなタケノコを食べさせようと思って竹林を探しましたが、冬ですからタケノコはありません。

孟宗は天を仰いで、タケノコが見つかるように祈りました。すると目の前の竹林に、タケノコがニョキニョキと生えてきました。孟宗の親孝行のご褒美に、きっと神様が願いを叶えて下さったのでしょう。
と、こんな逸話が伝えられています。

孟宗竹のタケノコは美味で、市場に出荷されるタケノコの殆んどがこれです。孟宗竹は、日本の竹の中でも最も太くて丈夫です。竹材として利用される大部分を、孟宗竹が占めています。伐採の適期がちょうど今頃(10〜12月)で、日本では年間200万束の竹材が生産されます。


話は変わりますが、子供の成長はよく竹の成長に例えられます。子供たちの成長の様子を観察すると、発達段階ごとに竹のような節目が出来ます。一節ごとに、次の成長に耐える身体的・精神的 体づくりが、完成して行きます。

子供たちは、発達のそれぞれの段階で、身体も心も鍛えられているのです。
もし栄養不足や運動不足などで、鍛え方が足りないと、身体はもちろん、ものの考え方や心の優しさも育ちません。

でも竹林の竹も、外形的には成長しているように見えても、形ばかりの節が出来、質はもろくちょっとした風が吹いても、また雪が降っても倒れてしまうものがあります。子供たちの成長も、これと同じです。

強い節目が出来て、風雪にも耐えるたくましい孟宗竹となるように、愛情を込めて子供たちを育てましょう!



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1915-e22c15aa