FC2ブログ

幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

学びの場

平昌五輪
羽生・宇野両選手が、フィギュア・スケート競技で金と銀のメダルを揃って獲得しました。
多くの人たちが、テレビ中継に釘付けになって応援しました。素晴らしい快挙に、日本中が大興奮です。


学びの場
オリンピックで日本選手が活躍する様子から、子供たちは、様々な刺激や影響を受けていることと推察します。 ついでに、グローバルな文化を自分の目や耳で直接吸収していることでしょう。 

教育は、学校だけで行われているのではないということです。 オリンピックも大事な教育の場になっているのです。つまり子供たちは、人的・物的交渉を持つすべての環境から学んでいるのです。

彼らが所属し生活している社会事象のすべてから、  人間社会の伝統的・文化的すべての行事から、さらには自然界の諸々の事象からも、学びの場は成り立っているのです。

ですから民主主義社会の望ましい成員となるためには、 学校教育の場だけではなく、人生全体を通じてあらゆる場面で、自己の可能性に挑戦する永続的な学習意欲を持つことが強く求められます。

これはすべての子供たちに、いやすべての人間に対する要請です。オリンピック精神にも、通じるものがあるのです。オリンピックは、自己の人間形成に対する強い意欲や態度を啓発する場でもあるからです。


ところで、学びの場は至る所に存在します。見失ってはなりません。そして教育環境を見つけ出す力が求められます。


昔から京都の古美術商の経営者たちは、使用人に本物の高価な掛け軸や陶器に直接触れさせて、目利きの力を養ったと言われます。

教育もそうありたいと思いますが、ただ有名校や学歴だけを追うようでは本末転倒です。


平昌五輪から連想しました。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1835-f9ece574