幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

続 子供と言葉

「 声は人なり 」 と言います。子供に話をする時は、聞きにくい声・力の弱い声・単調な声・・・ は禁物です。どんな大事な話でも、子供たちは聞く耳を持ちません。子供は正直ですから、大人のように我慢して聞くということはないのです。

声は天性ですから、悪声を美声にすることはできません。無理に猫なで声で話すとか、気に入られるような声を出すとかは不要です。

声は人なりで、声は心の表れなのです。子供は本能的に、自分に好意を持って接してくれているのか?  それとも敵なのか?  見分けます。つまり相手の声によって、信頼できる人かどうかを判断しているのです。

だから子供との信頼関係が、子供にとって魅力のある声になるのです。


テレビの芸能番組を見ていると、タレントがくずれた発声や訛った発音を意図的にしています。その方が人気が出るし、ギャラも沢山貰えるようです。

子供も見ていますから、すぐに真似をします。芸能番組に正しくはっきりした発声や、さわやかで歯切れの良い発音を求めるのは酷なことでしょうが、せめてメリハリのはっきりしないくずれた言葉を使うのは避けて欲しいと思います。

話術とは、話の仕方・話し方の技術です。話術の原則の一つは、相手の理解程度に即した言葉を選んで使うということです。子供相手の場合特に大事なことです。

話し言葉には同音語(公園・講演・後援・・・ など)類音語(委員・議員や病院・美容院など)が沢山あります。日本語の特徴でもあり、聞き間違えしやすい言葉です。
抽象的な言葉を使う時は、特に注意する必要があります。

幼い子供たちには、擬音語(わんわん・しくしく・ざわざわ・・・ など)や擬態語(ぴかり・うろうろ・ころり・・・ など)を上手に使って話すようにします。


会話の機能は次の3点です。
  ① 自己表現
  ② 伝達
  ③ 人間関係

私たちは、自分の考えや感情を言葉を仲立ちとして相手に伝えます。でも言葉だけではなかなか伝わりません。それ以外に、表情や身振り手振り、話の場面や雰囲気なども、話の内容を伝える有力な手段となります。心が通い合っている関係の人とは、言葉が不要な時もあります。

伝達手段としての言葉はもちろん大切ですが、何よりも話し手と聞き手の人間関係が大事なのです。


子供は、心から信頼している人・本当に尊敬している人・自分の味方になってくれる人に対しては、その人の話を積極的に真剣に聞こうとします。



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1825-783749c7