幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

来年のことを言うと鬼が笑うけど

10月に入るとすぐに、年賀状印刷申し込みの案内が郵便局から送られてきました。今年もそんな時期になったのかと、追い立てられるような気持ちになりました。

教え子たちの関係もあって、毎年300枚近くの年賀状を出します。老化のせいか、もう手書きは出来ません。そこで毎年、郵便局に印刷を頼んでいます。

そんなわけで、来年のことですがどんな年賀状があるのか?  と、 見本を見てみました。

来年は戌年なので、犬の絵柄や文字を図案化したものが多くあります。「犬」の文字は、昔の十二支に使われた「戌」が用いられています。やはり古い文字の方が、貫禄があるようです。

本来十二支は、中国の天文学で毎年の木星の位置を示すために、天を十二分した時の呼び名です。それが日本に伝わって時刻・方角を表すために使われ、動物の名が当てられました。


他に見本で多いのは、植物の松竹梅の図案です。松竹梅は慶事に用いられますが、どれも冬の寒さに強いからだと思います。

そして松は常に緑の葉を保って若々しく、 竹はしなやかな美しい茎と力強い節を持ち、 梅は寒い季節の中で心和ませる清純な花と香りを 私たちに与えてくれます。

他の植物では、南天の絵柄が使われていました。冬に赤い小さな球形の実がなるナンテンは、難を他に転ずることに通じるので、縁起の良い植物として好まれています。


動物では、鳳凰(架空の鳥)・鶴・亀などがデザイン化されていました。

鳳凰はつがいで、鳳が雄で 凰が雌です。中国の伝説に出てくるのですが、桐の木に宿り、 聖人が世に出る時に現れる慶鳥と言われます。

鶴と 亀は昔から千年も万年生きると言われます。どちらも長生きを象徴する動物です。

 ああままよ  生きても  亀の百分の一  (一茶)


長寿はめでたいので、年賀状にも「壽(寿)」がデザイン化されていました。

喜寿(77歳)・米寿(88歳)・白寿(99歳)
今は百歳以上も驚かな時代ですから、茶寿(108歳)・皇寿(111歳)もありです。112歳以上は、椿寿と言います。

平均寿命は、室町時代が14歳、江戸時代が22歳と言われます。
超高齢化社会が迫ってきていますね。


風景でダントツなのは、富士山です。
「一富士  二鷹  三茄子」 と、言われます。
やはり富士山は、日本を代表する山だからですね。

 蝸牛  そろそろ登れ  富士の山  (一茶)


その他にもお正月に縁のある図案が色々ありました。

獅子舞・宝船に乗った七福神・羽子板・凧・鼓(小鼓・大鼓)・・・

早々とお正月気分に浸りながら、どんな年賀状にしようかと思案中です。



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1800-a715bd80