幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

遊びが大切なわけ

わが家の周辺も宅地化が進み、それと共に子供の数も増えてきました。 裏手にある公園でも、元気に遊ぶ子供の姿が見られるようになりました。

幼児期の 「遊び」 について、きょうはフレーベル (1792〜1852年・ドイツの教育者・ 「幼稚園教育の父」 と言われる) の 「人間の教育」 から引用して説明します。

遊びは、幼児期の生活そのものです。フレーベルも「遊びは、幼児期における生活の最高の階段である。」と言います。

子供は、遊んでいる時も頭を使います。体も動かします。それらは成長を支える行動です。

理屈っぽく言えば、 遊びは幼児が自己の内面を自ら自由に表現したものです。必要と要求に応じて、自己の内面を外に現したものです。

遊びは、 幼児期における子供の最も純粋な精神的生産物です。人間の内に秘められた本能的で理想的なあり方が、行動に現れたものなのです。

遊びは、 それ自身において喜びであり、 自由であり、満足であり、 また平静でもあります。

遊びは外界と平和であり、 他の人にもそれは伝わります。 遊びはまた、 全ての善なるものが生じる源泉です。

子供は周囲に気をつけながら、 疲れるまで飽きずに遊ぶことができます。 このことは、自分の喜びを求めると共に、他人のことも気遣う、根気のある落ち着いた人間性を育みます。

フレーベルは、「子供が遊びに没頭した後、 疲れて良く眠る様子は、この時期における子供の生活の中で最も美しい現象ではないだろうか。」 と言っています。

幼児期の遊びには、このような意味があります。単なるイタズラでは無いのです。だから親は、遊びを奨励することはあっても、妨害してはなりません。特に 冷静さ・洞察力は、遊びを通して養われます。


一人の人間の生涯は、幼児期の生活 即ちよく遊んだかどうかで決まります。

 ・純潔だったか,  汚れたものだったか ?
 ・温和だったか,  粗暴だったか ?
 ・平穏だったか,  波風が多かったか ?
 ・勤勉だったか,  怠慢だったか ?
 ・功績が多かったか,  少なかったか ?
 ・創造的だったか,  破壊的だったか ?
 ・平和を好んだか,  争いをもたらしたか ?

子供が成長した後、父母に対して・家族に対して・兄弟姉妹に対して
・社会や他人に対して・自然や神に対して・・・
いかなる態度を取るようになるか ?

子供個々の素質によって違いはあるものの、根本的には幼児期における生活(遊び)の仕方によって定まるのです。


  遊びをせんとや 生まれけむ
  戯れせんとや 生まれけむ
  遊ぶ子供の 声聞けば
  我が身さへこそ 揺がれる

                                    (梁塵秘抄)



 *体調不良だったので、ブログを休んでいました。



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1791-0c857ec3