幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

子は宝

芙蓉 ( フヨウ )
スイレンのこともフヨウと言うので、木芙蓉と呼んでいます。
10年以上も前に千川上水沿いから紅白2種の芙蓉の種を失敬してきて蒔いたのが、今やわが家の庭をわが者顔に占拠しています。
例年8月初旬には咲き始めるのですが、今年は日照不足のせいか昨日から咲き出しました。
一日花ですが毎日次から次へと咲くので、9月になっても楽しめます。



IMG_4017_convert_20170822120319.jpg


子は宝
最近親が子供を虐待する事件が多発していますが、どうしたことなのでしょうか?   次代を背負う子供たちこそ、家庭の宝・国や社会の宝のはずです。

厚労省は、2016年度全国の児童相談所が対応した児童虐待の実態を公表しました。それによると虐待を受けた子供の件数は、122.578件もありました。1990年以降、毎年増加の傾向です。

2015年度には虐待によって死亡した子供が、52人もいました。
(無理心中などは除く)

万葉集に、山上憶良の有名な歌があります。

「 瓜食めば子ども思ほゆ 栗食めばまして偲ばゆ 何処より来たりしものぞ 眼交 いにもとな懸かりて安眠しなさぬ 」

「 銀も金も玉も何せむに 優れる宝子にしかめやも 」

親が子に暴力を振るうとは、通常は考えられないことです。でも虐待は現実の出来事です。社会の、そして人の心が病んでいる証です。

虐待を防ぐには、多様な原因を考えると簡単ではないと思います。先ず行政が、児童福祉対策により力を入れて欲しいと思います。そして虐待の心配がある家庭や親へのきめ細かな援助や対策を、心から期待してやみません。



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1785-c46812bd