幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

夏休み二題

夏休みの短縮
全国的に小中学校の夏休みが、短縮される傾向だと言われます。 理由はゆとり教育の改正後、授業時間数が増えたためにどこかで補う必要が生じたことに依るようです。

それに小学校では、2020年度から英語が正式な教科になることも挙げられます。授業時間を確保するのに、夏休みを短縮するのが早道というわけです。

夏休みを短縮して授業時間を確保すれば、通常の1日当たりの時間数を減らすことが出来ます。 そうなれば教員の長時間労働も緩和することが出来るので、一石二鳥ということになりす。

確かに授業時間は確保出来るのですが、実際に夏休みを減らされる子供たちはどう思っているのでしょうか?  決まりの多い学校生活から解放されて、ノンビリ自由を楽しむ時間が持てる大事な時期ですのに。

夏休みは、海や山へ出かけて自然と親しむ良い機会です。 田舎へ行って、昆虫採集や植物採集に夢中にもなれます。家でゴロゴロしていても、友だちと遊びに出かけても、授業の心配はありません。

子供たちには、夏休みならではの体験もあります。 彼らにとって夏休みは、出来るだけ一杯あった方がよいのです。

夏休みの短縮は、そう考えると大人の都合だけで決められたような気がしてなりません。


英語が正式な教科に(小学校)
教え子で小学校中堅教師の M が、「この夏休みは、英語の研修会で缶詰になります。」と、ボヤいていました。2020年度から、小学校で英語が正式な教科となります。そのための準備のようです。

各地の教育委員会では、 英語力の高い教師の確保に力を入れることになりました。採用試験で英語力が高いと認められれば、加点されたり一部の試験を免除されたりします。英語が苦手だった私など、とても採用されそうもありません。

小学校で英語の指導が必要かどうかは、昔から議論されていました。従来は「小学校では、まず日本語をしっかり学ぶべきだ。」が、主流派でした。

ひと口に英語力と言いますが、英会話に重点があったように思います。
「日本人は、中・高・大学と英語を10年間も学んでいるのに、 会話が得意でない。」 と、よく言われます。

だから 「英語で大事なのは会話力だから、言葉は低年齢の時から教えた方がよい。」 ということになります。


以下は私の個人的な意見ですが・・・

小学校時代は、日本語をしっかり学んだ方がよいと思います。世界でも難語と言われる日本語です。表現も多様ですし(文字もカタカナ・ひらがな・漢字とある)、意味も使い方も複雑です。その上、言葉自体に奥深いものがあります。

日本語の獲得は、日本人としての思考の土台づくりでもあるのです。 全ての学習の基礎となります。もちろん英語力習得の基礎にもなります。英会話をマスターするのは、中学校以降で十分間に合うと思います。


英語嫌いの逃げ口上でしょうか・・・



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1779-8598b915