幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

文月


サボテン ( 2017, 6. 29 写す )
IMG_4502_convert_20170629151555.jpg
ユリ ( 2017, 6. 30 写す )

きょうから7月です。    光陰矢の如し!    歳月人を待たず! 
今年も半分が過ぎました。

昔は7月を「文月(ふづき)」と言いました。七夕の頃、本の虫干しをしたのでこう呼ばれるようになったと言われます。別説では、稲の穂が育つ時期、即ち「穂含月(ほふみづき)」から転じたとも言われます。

いずれにしても旧暦ですから、今の暦なら8月のことです。7月は旧暦なら6月ですから、「水無月(みなつき)」です。

梅雨の季節なのに、「水が無い月」とはどういうことでしょうか? 
どの田にも水がある月なので「水月」と言われたのが、「みなつき」になったと言います。他にも田の仕事を皆し尽くしたので、「皆仕尽月(みなしづき)」=「みなつき」になったという説もあります。

7月の行事といえば、先ず「七夕」・「盆」・「中元」などを思い浮かべます。
ところで「中元」は、よく分からぬままに品物を遣り取りしていました。

昔 中国では、「上元(1月15日)」・「中元(7月15日)」・「下元(10月15日)」と、天の神様を祭る日がありました。「元」には初めの意味があって、1年を3区分した初日に当たります。吉日の元旦が、年に3回あることになります。

中元で贈り物をするようになったのは、室町時代からだと言われます。盆の行事と一緒になって、感謝の気持ちを表したことに因ります。また商人は、盆と正月が決算期だったので、お得意様に贈り物をするようになりました。


7月の思い出として個人的に忘れられないのは、十数年前の京都祇園の「山鉾行列」見物です。当日(7月17日)は、朝から晴れて暑い日でした。

辻廻しを見物しようと思って、宿で手配してくれた河原町通りから御池通りに曲がる交差点近くで、行列が通る2時間ほど前から待ちました。でも暑さのため、待っているうちにだんだんと気分が悪くなってきました。

どうにか山鉾行列は見物できましたが、とうとうガマンできなくなって近くの病院に駆け込みました。今で言う熱中症になったのです。疫病を祓う行事なのに、病院で半日厄介になってしまいました。忘れられません!


いまわが家では、真っ白なサボテンと真っ赤なユリが、競い合って咲いています。どちらも鉢栽培なので、室内に持ち込んで鑑賞しています。

「白勝て! 赤勝て!」ではありませんが、紅白が競うのは、源平合戦に由来するようです。白は源氏の旗印、赤は平家の旗印です。

オリオン座の三ツ星で右下の青白い星はリゲル、「源氏星」と言われます。右上のペテルギュウースは、赤い色なので「平家星」です。


色分けする言葉で最も古いのは、日本では白・黒・赤・青の4色だけだそうです。NHKの「日本人のおなまえっ!」という番組でも、古事記・日本書紀に出てくる色も、この4色だけとのことでした。(6月29日放送)

言葉の発生をたどると、白ははっきりの意味の「著し(しろし)」から生まれました。赤は「明らか」の意味からきています。

NHKの同番組では、白は朝日を浴びて光る湖面の様子を「顕し(しるし)」と表現したことから、赤は日の出に赤く映える山の様子を「明し(あかし)」と、表現したことから生まれた言葉と説明していました。


ところで温暖化のせいでしょうか?  九州・山陰地方は大雨のようですが、関東は雨が少ないようです。東京の今日は梅雨模様ですが、来週はまた梅雨の中休みとか・・・   関東各地の水がめは、水不足が心配されています。



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1768-85187d05