幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

あじさい


IMG_4500_convert_20170619145237.jpg
わが家のアジサイ ( 2017, 6. 18 写す )


アジサイは梅雨空に似合うのですが、今年は梅雨入り宣言はあったものの俄雨まがいの雨しか降りません。日照りの中のアジサイは気の毒です。

アジサイには、多くの園芸品種があります。欧米で改良されたハナアジサイなどは、花が大きく色も鮮やかで立派です。

アジサイを「紫陽花」と書くので、中国が原産地のように思っていましたが、日本の本州の海岸に自生するガクアジサイを母品として改良したものだそうです。

アジサイの花は、全部「装飾花」です。装飾花は、花冠やがくが発達して、雄しべや雌しべが退化した中性花(種を生じない)です。

わが家のアジサイの花色は明るい青紫色ですが、これが普通のようです。白色・淡紅色などの品種もあります。ハナアジサイと言われるものには、もっと多様な色があります。

花の色は、 土壌の性質(塩基や酸の量)によって変わると言われますが、本当でしょうか?  

わが家のアジサイを観察してみました。つぼみのうちは緑色で、やがて白色から淡紅色に変わり、正開すると明るい青紫色になりました。

天気予報では明日から本格的な梅雨空になるとのこと、アジサイもホッとしていることでしょう。



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1766-2532a84d