幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

アメリカ人気質

トランプ大統領の身勝手な言動が、話題になっています。マスメディアとの対立も報じられています。身内の共和党や同党寄りのメディアまで、大統領に物申しています。

トランプ大統領に反対するデモが、今も続いています。自由の国アメリカらしい混乱ぶりです。これもアメリカ人気質の表れでしょうか?

アメリカは移民の国ですし、国家としての歴史も浅く、国民気質も多様です。だから自分の考えを主張し、自分を守るのは自分しかいないという傾向が強いのです。良く言えば個性尊重、悪く言えば自己中心です。


子育てにもこの気質はよく表れています。いくつか紹介してみましょう。

日本人は、意識するかしないかは別として親の財産を当てにします。親もせっせと財を増やして、子供のために残そうとします。

ところがアメリカ人は、親は親 子供は子供の考えが徹底しています。外出先で親は豪華なレストランで食事をしても、子供はカフェテリアで質素な食事で済ませます。

観劇でも両親は着飾って特別席、子供は天井桟敷で別々でも当たり前です。乗り物でも、親は一等席 子供は普通席が常識です。誰も不思議に思いません。

しつけは学校に期待することではありません。しつけは家庭の問題です。それに宗教が(キリスト教)、しつけの土台にあります。

子供が悪いことをすれば(モラルに反する行為も)、家庭の(地域も含めて)問題として注意します(叱ります)。自分の子供だけではありません。近所の子供が悪いことをした場合も同じです。

「言うことを聞かないから、学校で先生が叱って下さい。」 と、親が先生に泣きつくようなことはありません。

アメリカ人の子育てで感心するのは、負け方上手な子を育てることです。1度や2度の失敗や敗北にも、びくともしないような子に育てます。

アメリカ人は、「 失敗の無い人生など、あり得ない。だから早くに負け方上手のくせをつけてやって、回復力の強い人間に育てる方が、何よりも大事で幸せな
こと。 」 と言います。

アメリカの親は、子供へ安易に小遣いを与えません。小遣いが欲しければ、自分でアルバイトして稼ぐように勧めます。

アメリカの子供のアルバイトとしてよく耳にするのは、芝刈り・ベビーシッター・農場や牧場の作業・スーパーやファーストフードチェーンでの皿洗い・・・ などです。ただ最近は、未成年者の就業規則が州によって厳しいところがあるようで、アルバイト事情も変わってきたと言われます。

以上はアメリカ人の自立心を育てるのに役立っています。


日本ではどうでしょうか?  負けるのはかわいそう。 劣等感を持たせてしまう。 だから転ばぬ先の杖、競争は避けて、安心して人生が過ごせるようにレールを
敷いてあげよう。 そんな雰囲気はありませんか?


アメリカ合衆国第39代大統領ジミー・カーターは、ピーナッツ大統領とも言われます。彼がジョージア州の農家で育ったことにも由来します。

自伝で彼は、こんなことを書いています。

ピーナッツの時期になると、午後には父の畑に出かけ、ピーナッツの蔓を土から抜き取って、小さな荷車に積み上げ、家の庭に運んでくるのが日課であった。緑色をした蔓から豆をもぎとり、殻についている泥を落とすため水を汲み上げながらよく洗い、一晩中水につけ、次の朝塩水でゆでるのである。約半ポンドずつを約20の紙袋に入れ、およそ2〜3マイルほど汽車の線路づたいにプレインズの駅まで歩いて、そこの通りでゆでたピーナッツを売ったのであった。全部売ってしまった時は、また、家に戻って同じことを繰り返した。

ピーナッツ販売はその頃の私にとっては、大事業に思えたが、少なくとも私が小さな実業家であったことにちがいはない。ピーナッツを売って1日約1ドルの総収益をあげ、日曜日には度々5倍のピーナッツを売った。だから私が9歳になる頃には、5俵の俵を買えるだけの金の貯えがあった。



日本人気質はどうでしょうか?  儒教精神が色濃く残る日本の風土です。子育ては、やはり過保護ではないでしょうか?



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1760-17f53769