幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

中正

共謀罪法案 に反対します。

「中」は会意文字で、いずれにも偏らない真ん中を意味します。ですから「中正」・「中央」・「中心」・「中立」・「中庸」・「中軸」・「中和」・・・ などという言葉が生まれ
ました。

日常生活でも、偏らないで真ん中を行くということは、なかなか難しいことです。ましてや政治の世界では、不可能に近いようです。

昨日 共謀罪 (組織的犯罪処罰法改正案)が、衆議院の法務委員会で野党の反対を押し切って強行採決されました。この法案は、「共謀罪」では聞こえが悪いというので、「テロ等準備罪」と呼び変えられました。

多くの世論調査でも、賛成・反対意見が拮抗しています。まだまだ議論が必要な法案だと思いますが・・・

与党と野党の考え方には大きな違いがあります。融和点を見つけるのは難しいことも分かります。それならなおさら議論を深める必要があると思います。


話は飛びますが、化学変化で酸と塩基が過不足なく反応して、塩と水を生じる変化を中和と言います。

酸と塩基が中和するときには、熱が発生します。性質の違う両者が中和するのですから、熱の発生は自然の理です。

中和は一般的には酸と塩基の溶液での反応ですが、気体や固体の反応でも起きます。水溶液が酸性でもアルカリ性でも無い状態を中性と言います。リトマス試験紙を浸しても、赤・青共に変色しません。


話をもとに戻しますが、政治の世界で融和(中和)することは、許されない慣例のようです。白か黒か決着つけるのが、大向こう受けすると考えているきらいがあります。

中和がダメなら 中正はどうでしょうか?   どちらにも偏らない程良い立場が、政界にもあって良いのではないでしょうか?

いずれにしても共謀罪法案の審議を、もう少し深めて欲しいと思います。与・野党の議員を酸・塩基に例えるのは失礼ですが、国民の関心が強いこの法案に対し、国民の代表としてもっと熱意を持って熱心に取り組んで中和点を見出して欲しいと、心から願っています。



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1759-612c928c