幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

再 幼児教育

IMG_3900_convert_20170513134308.jpg
紫蘭 ( 2017, 5.12 写す 狭いわが家の庭を独占する勢い )

S 幼稚園で指導していた頃を思い出しながら・・・

幼児はいたずらが大好きです。大人が止めても、なかなか止めません。大人にとっては大切な品物、散らかされては困る場所・・・ そんなことは関係ありません。また大人が忙しい時でも、仕事をしている時でも、彼らは自分の都合だけを考えて助けを求めにきます。

幼児は何かをやっているのに、自分の興味をひくような面白いことに出会うと、やっていたことを放り出してそっちに手を出します。

大人から見れば、迷惑な行動です。でも気をつけて観察すると、幼児期は新しい事象に出会うと、何故だろう?  どうしてだろう?  と、色々と試行錯誤している場や状況であることが分かります。

園児たちは、遊戯室の大型積み木を持ち出してそれを積み重ね、その上に立ったりそこから飛び降りたりしました。園庭のケヤキの木にもよじ登って、景色を眺めたり枝にぶら下がったりしました。子供は高いところが大好きです。大人は、落ちて怪我でもしたら大変と心配しますが・・・

子供は、未知の世界を求めるために、 遠出をしたり探検に出かけたりします。
危険なことに遭遇しないかと、大人の心配をよそに・・・  帰って来た子供は、まるで大冒険を終えたように満足しています。

砂遊びやどろんこ遊びは、感覚に訴える快さがあります。鬼ごっこや隠れんぼも、体を動かす快感があります。遊びは、子供たちが快感を得るための手段です。だから子供たちは、遊びを繰り返して楽しみます。

いたずらや冒険を繰り返すのも、大事な遊びです。遊びを通して子供たちは成長します。

でも子供たちは、快感を求める遊びから卒業するようになります。やがて彼らは、創造的な活動へと発展して行くのです。

幼稚園(保育園)は、幼児がいたずらや冒険を思い切り出来る遊びの場であって欲しいと思います。危険が本人や他人に及ぶ心配がある時は、もちろん指導されます。でもそれ以前に、子供たち自身に危険を避ける能力が育っているのです。


「人間どう生きるか、どのようにふるまい、どんな気持ちで日々を送ればよいか、本当に知っていなくてはならないことを、わたしは全部残らず幼稚園で教わった。人生の知恵は、大学院という山のてっぺんにあるのではなく、幼稚園の砂場に埋まっていたのである。」 ( ロバート・フルガム )


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1757-ed18031f