幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

子供たちは今

子供の定義は?
未成年者(20歳未満)を子供と呼ぶ場合もありますが、現在は18歳以上に選挙権が与えられているので、18歳未満を子供と見なしています。

実際に「児童福祉法」では、18歳未満を児童としています。然し「学校教育法」で児童というと、6〜12歳(小学生)を指します。

ところで「児童憲章」(昭和26年5月5日制定)には、こんなことが明記されています。

先ず前文には・・・

児童は、人として尊ばれる。
児童は、社会の一員として重んぜられる。
児童は、よい環境の中で育てられる。


条文には、子供の幸福を願って次のようなことが書かれています。

二、すべての児童は、家庭で、正しい愛情と知識と技術をもって育てられ、家庭
    に恵まれない児童には、これにかわる環境が与えられる。

九、すべての児童は、よい遊び場と文化財を用意され、わるい環境からまもら
    れる。

十、すべての児童は、虐待・酷使・放任その他不当な取り扱いからまもられる。
    あやまちをおかした児童は、適切に保護指導される。



日本の子供たちの問題は後回しにして、世界の子供たちの現状で気になる点を三つ、ユニセフの「 世界子供白書 2016 」から拾ってみました。

先ず極度の貧困にある子供たちの10分の9は、サハラ(アフリカ北部の大砂漠地帯)以南のアフリカで生活しています。

次に初等学校就学年齢に相当する子供のうち、6.000万人超が学校に通っていません。

更に7億5千万人の女性(未成年者)が、児童婚を強いられています。 (10億人の子供の4分の3に当たる人数)


いま直ぐに対応しなければ 、2030年度には1億6.700万人の子供が、極度の貧困生活を強いられることになります。

そして6.000万人の子供が、学校に通えません。加えて6.900万人の5歳未満児が、早死にすると言われます。


そこで日本の子供たちの様子を、内閣府の「子供 若者白書」や警視庁の「少年非行等の概況」から考察してみました。

最近気になるのは、インターネットに関わる問題や犯罪です。2チャンネル・twitter・SNS・YouTube などによる事故や事件(特に性犯罪被害)が多発しています。

相変わらず自立できない子供の問題が、多いようです。過保護・かまわれ過ぎも原因の一つですが、普通の家庭で能力も普通の子供にも見られるとのことです。ニート・引きこもり・不登校の数は、一向に減りません。

自立できないので、日常の生活能力も劣ります。社会活動への参画や、ボランティア活動に参加する意欲も無いのが現状です。そして、自己中心的な子供が多いのです。

家庭環境にも問題があります。子供たちの、快適な居場所になっていません。児童虐待や家庭内暴力も、後を絶ちません。

特に、思春期の子供たちの欲求不満が募りがちです。非行・暴力事件や、喫煙・飲酒も増えています。更に、薬物乱用事件も起きています。

女子中高生を中心に、非行や性の逸脱行動も目立ちます。肥満・痩身障害や、性感染症の罹患率も増加して、彼女たちの健康管理上の問題も心配されます。

いずれにしても、アフリカの子供たちと比べても意味ありません。日本の場合は、物の豊かさのための心の貧しさでしょうか?  

でも日本でも、子供の貧困問題が話題になっているのですが・・・



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1750-bb8ae1be