幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

一期一会 (今を大事に)

IMG_4294_convert_20170329153524.jpg
椿(十数年前に大島で苗木を買い求めたもの 2017, 3. 29 写す)


茶道・華道・香道・書道・歌道・柔道・剣道・・・ と、日本文化は「道」の文化です。
中でも茶道は、千利休(1522〜1591年)によって確立された日本文化の代表格です。

利休の有名な教えに、「茶の湯の本義は、家は漏らぬほど、食事は飢えぬほど
にて足ることなり。」という簡素を追求した言葉があります。

小さな茶室で作法を大事にした利休が、大茶会で華々しい宴席を好んだ秀吉と対立したのも頷けます。さび・わびの枯淡な日本的な美的情趣を大切にしたのが、利休の茶道なのです。

一期一会の「一期」は、人の一生と考えたらよいでしょう。一生の中できょうの「一会」は、とても大事な出会いだということです。

私たちが知人・友人と巡り会えたのは、まさに一期一会です。それは、生きているという喜びに通じます。そして今私たちは、人生を真剣勝負の場として生きているのです。

言い換えると、一期一会は今を自覚することです。今が、真剣勝負の場なのです。今を私たちが連続して行けば、人生は生涯を通じて一期一会です。

利休は「いつもこの一杯の茶は、生涯の最後の一杯という心構えで頂きなさい。」と、言いました。私はこの言葉を「出会いを大事にしなさい。」という意味で、受け止めています。

4月は、多くの出会いがあります。新しい出会いを恐れずに前向きで取り組めば、たとえ期待はずれの結果になっても、後悔は残らないと思います。

進学・就職・転勤・転居・・・ それぞれに新しい出会いが待っています。その出会いが、 人であっても事象(新しい環境など)であっても、 一期一会の心で接すれば心配はありません。

今こそ、「今」という時を大事にして頑張りましょう!



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1743-f8513780