幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

忖度 (森友学園問題)

森友学園の問題で、「忖度」という言葉が話題になっています。森友学園の小学校設置認可をめぐり、財務省が学園側に有利となるような忖度をしたかということです。

国会で安倍首相は「そのような忖度は、絶対にしていないことは明らかだ!」と、繰り返し答弁しています。

大阪府の松井知事は、日本維新の会の総会で 「安倍首相は、忖度があったと
はっきり言うべきだ。」  と、述べています。 そして、 「 忖度には、 良い忖度と
やってはいけない忖度がある。」と言います。


「忖度」 とは、他人の気持ちを推し測ることです。「忖」 は人の心を表し、「度」 はそれを測ることです。人の心を推し測るということは、言うは易く行なうは難しです。

勝手に人の心を忖度するのは、かえってその人のためにならない結果を招くことになりかねません。やってはいけない忖度です。

悪智慧に長けている人は、都合よく忖度してもらうように奸智を働かせることさえあります。森友学園の籠池理事長が、そうだったのかどうかは分かりません。でも今回の問題には、やってはいけない忖度が働いたような気がするのは
拭えません。

100万円の寄付問題をはじめ今回の事件では、誰かがウソをついているのでしょう。うまくその場はごまかせても、後からバレてくるのがウソです。

「 1つのウソを通すためには、20ものウソを工夫しなければならない。 」 と、 スウィフト は言います。

一方で忖度を防ぐために、智慧のある人・優れた才能を持っている人は、むやみにそれを人に見せびらかしたりしないと言います。つまり、能ある鷹は爪を隠すのです。

「最悪の敵は、誉めそやす者なり」と、言います。今回の事件の背景には、森友学園の天皇中心の国家主義を基本とした教育理念に、賛同した安倍首相夫妻や多くの政治家の関与があります。

褒められたこと 賛同されたことで、籠池理事長も舞い上がったことは確かなようです。しかしそれが高じて真実が分からなくなり、気づいた時には四面楚歌、支援者たちがサッさと身を引いてしまったのです。

卑怯者は、自己の過失の言い訳をします。潔い人は、必ずそれを人に告白します。子供たちもこの森友学園問題に関心を持っています。1日も早く解決されるように願っています。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1742-d74c2d74