幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

子どもにおける法則の観念の発達過程 (3)

第3期は、10〜11歳頃から始まります。法則の普遍性は確立されてきますが、必然性は減少します。

「なぜ水は下方に流れるのに、なぜ煙は上へのぼるのか?」と尋ねると、子どもは「重いものは落ち、軽いものはのぼる。」と答えます。
(これは確かに普遍的法則です)

さらに 「なぜそうなのか?」 と尋ねると、もうどう答えてよいかわかりません。幼い子どもは、そのために精神的理由を考え出しますが、年長の子どもは途方にくれます。つまり10〜11歳以降に、精神的必然性は論理的必然性となるのです。

法則の観念の発達を、物理的環境の直接的作用によって説明することは出来ません。法則の観念は、原因や実在の観念と同じように、大人にはそれほどでもないのですが子どもには縁遠いものなのです。

コップの水の中に小石を入れて水位が上がる現象を観察させると、幼い子どもは「小石が重いからだ」 と言います。年長の子どもは「小石が太いから(かさがあるから)だ」 と言います。

子どもの思考は社会的でなく、自己中心的であり、自閉的思考と論理的思考の中間にあります。同じ年齢でも子どもは、ある点に関してはアニミズム的、人工論的または力動論的で、別の点に関しては全く違う見方をします。

法則の精神的必然性の感情は、法則の正確な認識が少しでも存在する前に生じます。まず始めに物理的経験と内的感情との融合が観察されます。

子どもが発見するもっとも原始的な法則の内容は、「条件反射」と「運動的予感」が提供したものだけから成っています。

子どもは成長に伴い自己中心性が徐々に減退して、社会化が進歩します。もろもろの観点が客観化され、相互的と見られるようになります。

自然そのものの中にあるいかなるものも、子どもに必然性の観念を与えることはありません。直接的知覚にとっては、自然は気まぐれに満ちており、数多くの例外を含んでいます。 子どもが、 自然法則の普遍性を認めないのもそのため
です。

子どもの「月が人の後についてくるのは、そうするように強いられているから。」というような答えは、論理的というよりはるかに精神的な意味を持っている。


経験が理性を形づくり、理性が経験を形づくると言われます。実在と理性の間には、相対的独立の他に相互依存があります。従って知識の構成においては、事物からの影響に由来する部分と、知識の要請に由来する部分とを区別するのは難しいのです。

ピアジェは「船の浮遊」現象から、子どもの論理と子どもの因果的説明とのあいだに存在する関係を分析して、次のようにまとめています。

法則と説明のあいだには、限りのない相互作用がある。第1段階では、法則が説明を支配するが、第2段階では、説明が法則を支配する。第3段階では、合法性がふたたび自由の身となり、説明は事実の紆余曲折を辿らざるを得なくなる。第4段階で、ついに両者の調和が実現する。

時にこのような話題を取り上げるのも、頭の活性化に役立ちます。  ( 終 )



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1711-4c1299bd