幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

人間と機械

IMG_3804_convert_20160315120838.jpg
ラッパスイセン咲く ( 2016, 3. 15 写す)


昨夜の NHK テレビ [クローズアップ現代] は、 「人工知能の発達で仕事がなくなる時代がくる 」と言う話題でした。人間の仕事は、機械で代替え可能というわけです。

折しも、 囲碁の人工知能( A I )と 世界最強棋士と言われる 韓国のイセドル九段の五番勝負がありました。結果は、4勝1敗で AI が勝ったそうです。

この A I (アルファ碁)を 開発した英グーグル・ディープマインド社によると、「インターネットから10万の碁譜を入力し自己対局を3千万回やって学習した。」と言うから驚きです。

アルファ碁は局面を読むのに、画像認識などで近年注目が集まる「ディープランニング」という手法を使ったと言います。認識に必要な特徴を人が教えるのでは無く、自ら気付くことが出来るのです。

さらにアルファ碁は、各局面での勝率を予測したり、次の手を決定したりします。要は得た知識をもとに自分対自分で学習し、知識をより深めることが出来るのが、従来の方式と違うところです。

コンピューターの開発が進んで、人工知能も急速に発達しました。でも囲碁の世界は、まだまだ人間が人工知能に負けることは無いと言われていたのですが・・・

「人工知能の開発が進むと、人間を超える知能を持った機械が現れ、人間を脅かすことになるのでは?」 と、心配する声もあります。

一方で「人間が発見出来なかったこと究明できなかったことを、機械が解明してくれるのでは?」 という期待もあります。特に医学の分野で、病原や病巣の発見手段として期待されています。

イセドル九段の今回の負け越しは、囲碁界だけで無く多方面に大きな衝撃を与えました。でも「アルファ碁( A I )」を作り上げたのも人間ですから、人間が機械に負けたと判定するのも考えものです。


教育界でも機械の力を頼るようになりました。今から半世紀も前になりますが、学校では「教育工学」という言葉が、盛んに使われるようになりました。電子工学の進歩やコンピュータの発明が、学習活動で使用される教材・教具に変化をもたらしたのです。

「教育工学」とは、新しい教材・教具と学習内容を組み合わせて、学習をシスティマティックに達成する技術およびその研究を指します。

「教育工学」の導入で教育が変わると、教師たちは競って各種の教育機器を導入しました。

テレビ ・テープレコーダー ・オートマチックスライド映写機 ・コンピューター ・O H P・ V T R・アナライザー・磁化シート(シンクロFAX)・電子楽器(シンセサイザー)・・・ などがそうです。ソフトウェア・ハードウェアなどと言う言葉が使われるようになったのもこの頃です。

新しい教育機器は、確かにあらゆる情報を入手することが出来て、学習者と学習内容の間に、スムーズに相互作用を作り出すことが出来ました。コミュニケーション・メディアとしては非常に有効でした。

今日では教室に電子黒板や録画再生装置が、当然のように設置され授業に活用されています。、子供たちは、それぞれがタブレット端末を持って、自由に操作しながら楽しそうに学習しています。正に人間と機械が共存しています。


今回の囲碁の勝負を人間と機械の戦いと考えるのは、まだ早計のようです。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1624-ff0e1519