幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

再・フレーベルの教えから

もう何回も引用していますが、 幼児教育の父と言われるフレーベル(1782〜1852年)の教えを、また持ち出すことにします。

フレーベルは、幼児期で大切なものとして「遊び」と「食べ物」を挙げています。

遊びは、子どもの生活そのものだと言います。遊びを通して、成長し発達するのです。遊ぶことは、子どもの生きる喜びであり・心身の自由であり・欲求の満足であり・心の平安なのです。

遊びは、人間の善意・良心の源泉です。よく遊んだ子どもは、大きくなって自由と平和を愛する人になります。そして自分の幸福を計ると共に、世のため人のために尽くす人になれます。

夢中になって遊びに没頭し、遊び疲れて眠る子の姿は、何よりも美しいものです。幼児期の遊びは、単なるいたずらや乱暴ではありません。

だからお母さんは、遊びを奨励し一緒になって遊びましょう。お父さんは、子どもが安全に遊べる環境造りと見守りに努めましょう。

遊びを注意して観察してみると、これからどんな子に育って行くか?  素質や可能性が見えて来ます。その子の子葉が、すでに芽生えているのです。

下記の事柄は、遊びに現れます。如何に遊ぶかによっても決まります。

*温和であるか、粗暴であるか?   *平穏であるか、波風が激しいか?  
*勤勉か、怠慢か?  事件が多いか、少ないか?  
*頭の働きが鋭く創造的か、愚かで不活発か?
*筋道が通ったはっきりした意見を持つか、ぼんやりと見過ごしてしまうか?
*建設的か、破壊的か?
*平和を好むか、争いを持ち込むか?


子どもは成長してから、両親に対して・家族に対して・周りの人や社会に対して・自然や神様に対して・・・ どんな態度を取るようになるか?  子ども固有の素質によって違いはあるものの、根本的にはこの時期の遊びの内容や遊び方に影響を受けるのです。


食事は、生きるためにも最も大事な行為です。それに私たちは、食べ物によって活発になるし勤勉にもなります。逆に食べ物によっては、無気力にもなれば怠慢にもなります。

食べ物は、子どもの現在の生活に影響を与えるだけではありません。大人になった時に、どんな肉体・感情・精神を持った人間になっているかに深く関わります。

幼児期の食べ物は、なるべく淡白で単純なもの(素材に近いもの)が良いのです。必要以上に手をかけた贅沢な料理は不用です。特に香辛料などを多く加えた刺激の強いものは、良くありません。脂肪気の多いものも感心しません。

香辛料が濃厚で刺激の強い食べ物を好むのは下品です。一度味を覚えると、逃げられなくなるので気をつけましょう。

また 子どもが欲しがるからと言って、 むやみに沢山のご馳走を食べさせると、結果的には子どもの心身を害することになります。子どもの身体を虚弱にして、体の機能を破壊してしまうのです。


人間の幸せは意外と身近なところにあって、私たちはそれに気づかないだけです。幸せを求めて遠いところばかりに目をやって、いくら財産をつぎ込んでも子どもの幸せは見つかりません。

人間の幸せを考える道は、意外と単純平易で手近なところにあるのです。

                   (参考文献・「人の教育」 玉川大学出版部 他)



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1589-d7ab5ba0