幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

平和だけではダメ!

シリアの内戦が始まって5年が経ちます。国連の発表だと、死者25万人・国内避難民760万人・国外避難民410万人に達します。
シリアの人口が2.200万人だそうですから、半数の国民が内戦の犠牲になっています。

10月30日 オーストリアのウイーンでシリア内戦の解決を目指して、 米国・ロシア・中東・欧州などの外相会議が開かれました。共同声明が発表されましたが、即効的な解決策は見出せなかったようです。


今から19年前(1996年)に、ーサニーのおねがいー 地雷ではなく花を下さい(絵・葉祥明  文・柳瀬房子)という絵本が、自由国民社から出版されました。
副題に(いや本題です)、 「平和だけではダメ!  PEACE IS NOT ENOUGH 」とあります。

  果てしなく広がる宇宙で、一番美しい星、
          それは、私たちの地球。

  サニーちゃんは、世界について考えます。

  サニーちゃんのうまれた日本です。
         海でかこまれた島国。
  海は私たちのいのちとくらしをまもってくれています。

   大陸です。地図帖では国境線がひいてありますが、
   実際に地面に線がひいてあるわけではないんですよ。


1991年に始まった旧ユーゴスラビアでの紛争は、92年4月にボスニア・ヘルツェゴビナの独立後さらに拡大し、4年近くも紛争は続きました。死者・行方不明者15万人、270万の人が住む家を追われました。

95年11月に、平和協定が結ばれました。でも平和協定が結ばれても、紛争中に埋められた地雷はそのまま放置されました。

            ちかごろ、
     カンボジアや旧ユーゴスラビア、パレスチナ、
  アンゴラといった国ぐにでは、戦争が終わっても多くの地雷が
         そのままになっています。
     それが世界中で1億1000万個。
  このため1時間に3人がどこかでなくなったり、
      大けがをしているんです。


地雷は1個3ドルで作れます。でも除去するには、300〜1000ドルもかかります。最近はプラスチック製で、お菓子やおもちゃやと見間違うような地雷が作られています。紛争地の子どもたちは、それを拾って命を落としたり大けがを負ったりしているのです。

     見つけだして取り除くため、
  多くの人びとの力とたくさんのお金がかかります。
     気の遠くなるような、たいへんな作業です。
  そしてそのお手伝いができるのはあなたとわたしです。

      ひとつ取り除いたら花の種、
  ひとつ取り除いたら木を一本植えましょう。


1999年3月に、対人地雷全面禁止条約が結ばれました。然しまだその効果は現れていません。

この絵本1冊を購入すると、カンボジアなら10㎡の土地がきれいな土地に生まれ変わると、「難民を助ける会」は訴えています。

    とうとう山も野原も花いっぱい。
       よかったよかった。
    きれいな地球がもどってきた。
       安全で豊かな地球が・・・



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1585-c4b732b9