幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

富士山



11日富士山(標高3776m)に初冠雪がありました。八合目付近まで雪が降ったようです。昨年より5日早く、平年より11日遅いとのことです。いよいよ冬将軍のお出ましでしょうか?

富士山は多くの人から崇拝され、愛されています。古くから絵に描かれ、詩歌に詠まれ、音楽や文学にも登場しています。

カタツムリ そろそろ登れ 富士の山 (一茶)    こんな句もあります。

富士登山の醍醐味は、 何と言っても初日の出(御来光)を仰いだ時の感動です。そのために先ず八合目まで登って山小屋で仮眠を取り、翌朝早く日の出の時刻に合わせて山頂を目指します。

昔の富士登山は夜の登山になるので、カンテラ(携帯用の石油ランプ)が必需品でした。従って、カンテラに入れる灯油も欠かせません。

五合目(標高2305m)・八合目(同3374m)などと呼称するのは、そこまで到達するのに必要な灯油の量を表し、その名残なのです。(標高は吉田口ルート ・ 1合は約0.18リットル, 1升の10分の1)

富士山は神聖な信仰の山です。富士山に鎮座する神様は、木花咲耶媛命(コノハナサクヤヒメノミコト)という女性の神様です。

美しい神様で、天孫瓊瓊杵命(ニニギノミコト)が一目惚れしたという話が伝えられています。木花開耶媛命の父大山津見神(オオヤマツミノカミ)は、日本の全ての山を司る神様です。

彼は日本一秀麗な富士山を好んでいましたが、可愛い娘の木花咲耶媛命にこの山を譲りました。媛は万山を圧するこの地に鎮座して、東日本一帯の守護神となりました。

木花咲耶媛命は、花に例えれば桜花,山ならば富士山と、日本の美を代表する神様です。彼女を祀る神社が「浅間(せんげん)神社」で、山梨県側にも静岡県側にもあります。先ずここに詣でてから登山するのが礼儀です。


 六根清浄!      六根清浄!   


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1580-44200d23