幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

子どもの幸福度

ノーベル賞に沸く
今年の医学生理学賞に大村智氏、物理学賞に梶田隆章氏と、連日朗報が日本中を興奮させています。日本人は優秀なんだと、我が事のように鼻が高くなります。民族性だけで無く、研究環境も整っているからこその快挙だと思います。若い人たちが、ぜひ後を継いで行って欲しいと願っています。


子どもの幸福度
日本人のノーベル賞受賞のニュースに水を差すようですが、この問題をクリアしなければ、次世代のノーベル賞受賞は期待出来ません。

ユニセフ247号が届きました。特集記事に、「子どもの貧困・暴力を世界からなくす」がありました。2013年、ユニセフが発表した先進国の ”子どもの幸福度” の調査報告書を基にした記事です。

調査結果から、物質的な豊かさを享受している日本でも、貧困にあえいでいる子どもたちが沢山いると言うのです。

「幸福度」は、どうやって測るのでしょうか?

好みの入浴剤を入れた湯船で、のんびり手足を伸ばして1日の疲れを取る時、私の口からは、思わず「極楽! 極楽!」と声が出ます。

好きな音楽を聴きながら、1杯のコーヒーでくつろぐのは、至福のひと時です。ティータイムだけで無く、おいしいご馳走で満腹の時も無上の幸せを感じます。

家族が健康で団欒している時・親しい友だちと出会う時・趣味に熱中する時・何も心配事が無い時・・・ どれもみんな幸福を感じます。

「幸福」の感じ方・捉え方は、人それぞれです。では「幸福度」とは、どうやって測るのでしょうか?

政府や国会でも、幸福度が話題になりました。「所得などの経済的要素だけでは無く、家族や社会との関わり合いなどの要素を含めたもの。」と、閣議決定された時もあります。(平成22年6月)

イギリスの環境団体( Friends of the Earth )は、「地球幸福度指数」なるものを提唱しています。国民の満足度や環境への負荷などから、国の幸福度を測る指標を設定しています。

それによると、2006年度の日本の幸福度指数は世界95位(178カ国中)で、2009年度は75位(143カ国中)となっています。

数値で表さない幸福度もあります。それが、ブータン国の「国民総幸福量」と言われるものです。いわゆる精神的な豊かさを、国民に求めています。自然環境, 伝統文化, 家族・友人・地域との連携調和などがそうです。

本題に戻ります。豊かな日本を自負しているのに、貧困に喘ぐ子どもたちがいるとは?  本当なのでしょうか?  ユニセフの資料を詳しく調べてみました。

ユニセフが子どもの幸福度を評価した対象は、次の5分野です。(イノチェンティー レポートカード 11, 2013年12月・調査)

 ① 物質的豊かさ(子どもの貧困)
 ② 健康と安全
 ③ 教育
 ④ 日常生活上のリスク
 ⑤ 住居と環境

日本の総合評価は、先進31カ国中6位でした。③と④が1位, ⑤が10位, ②が16位です。問題は①の「物質的豊かさ」で、31カ国中21位です。

①について詳しく見てみます。内容は次の3項目です。
 ⒈子どもの相対的貧困率(0〜17歳)
  (等価世帯所得が、中央値の50%未満の世帯で暮らす子どもの割合。)
 ⒉子どもの貧困ギャップ
  (各国貧困ラインと、貧困ライン未満の世帯の世帯所得の中央値との隔たり。)
 ⒊子どもの剥奪率
  (特定の物が欠如している子どもの割合。子どもの生活必需品と使用率。

日本の子どもの相対的貧困率は、14.9%で22位です。子どもの貧困ギャップも26位で、貧困状態にある子どもたちの割合が高いことが分かります。貧困の程度が悪いということです。

日本の子どもの剥奪率7.8%でそれほど悪い訳ではありませんが、他国と比べて特に欠如しているのは次の2点です。

 *インターネットへの接続。
 *宿題をするのに十分な広さと、照明がある静かな場所。
   これは勉強する場所(個室・勉強部屋など)に違いがあるのでは?

いじめ・暴力・虐待・・・ なども、貧困問題と大きな関わりがあると思います。

折しもTPP交渉が大筋妥結ということです。経済成長が著しいこの地域では、貧困・暴力・虐待・・・ などは、地域全体の国民総生産(GDP)の2%に当たる年間約2090億ドルにものぼる経済的損失を生んでいると、ユニセフの調査は指摘しています。

貧困・いじめ・虐待も途上国の話と見過ごさずに、日本で起きている深刻な問題と受け止めて、子どもたちを守る実現可能な手立てを尽くしましょう!


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2015/10/08(木) 16:41:13 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

清仔さんへ

OECDのレポート読みました。なるほどコンピューターの導入は学力向上につながらないようですね。コンピューターをどう利用したのか分かりませんが、何か弊害があるのですね。もう少し調べてみます。
それにしてもいつも適切なコメントを頂き、お礼申し上げます。

  • 2015/10/08(木) 17:24:16 |
  • URL |
  • 元園長 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1577-9b0b0f75