幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

秋分の日

この連休を「シルバーウイーク」と言うそうです。敬老の日があるのでそう呼ばれるのかと思っていましたが、春の「ゴールデンウイーク」と対になる呼称だと聞きました。(金に対する銀)

秋分の日は太陽が秋分点に達する日で、昼と夜の長さが等しくなる日です。この日の前後3日間を秋の彼岸と言い、先祖の供養や墓参りをします。

秋分の日には太陽が阿弥陀様の浄土である真西に沈むため、極楽への 往生を叶えて頂くために法要が営まれます。彼岸にはそんな意味もあるようです。

幼いころ仏壇に供えたおはぎのお下がりを早くもらうために、仏壇の掃除など手伝ったのを思い出します。

秋の彼岸を報せる花が「彼岸花」です。我が家の近くにはまだ畑が点在するので、その境界に彼岸花が植えられています。彼岸花はその鱗茎に毒があるので、小動物が畑に侵入するのを防ぐのに役立つと聞きました。

IMG_3647_convert_20150921111533.jpg
畑の境界に植えられた彼岸花

彼岸花は、別名「曼珠沙華(マンジュシャゲ)」とも言われます。仏教界で「天上の花」と言う意味のようです。でも有毒で墓地などにも植えられているので、「死人花(しびとばな)」とも言われます。

それでも秋の空に映える彼岸花を見ると、この季節に似合います。近くを流れる千川上水沿いに咲く彼岸花は、可憐で見る人の心を癒してくれます。

IMG_3651_convert_20150921111630.jpg
千川上水沿いの彼岸花



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1572-cf4f18d5