幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

原爆投下から70年(3)

元安橋
原爆ドームのすぐ脇を元安川が流れています。元安橋はその川に架かっている橋で、爆心地から130mほどの距離にあります。当時からこの橋は丈夫な鋼橋だったので、原爆投下にも落橋しませんでした。

多くの被災者が水を求めて、元安橋付近に殺到しました。でも殆どの人は、ここで力が尽きて亡くなりました。今でも元安橋付近では、それを悼む灯籠流しの行事が毎年営まれます。

元安橋は、その後架け替え工事が行われました。(1992年完成)
旧橋の中柱2基が、原爆被災説明板と共に、東詰下流側にモニュメントとして置かれています。

IMG_3583_convert_20150920152116.jpg
元安橋被災中柱とモニュメント

原爆ドームから元安川沿いには、多くの慰霊塔(碑)があります。すぐ近くには「動員学徒慰霊塔」があります。他にも会社や学校などで、犠牲になった人たちを弔う慰霊碑が立ち並んでいます。

IMG_3584_convert_20150920152419.jpg
動員学徒慰霊塔の前に置かれた石碑

爆心地から360mほど離れた場所に、被曝建物(旧帝国銀行広島支店)があります。いまは、「広島アンデルセン」という洋菓子や洋風料理・食品を提供する店になっています。

IMG_3590_convert_20150920152244.jpg
IMG_3592_convert_20150920152557.jpg
被曝建物を説明するモニュメントと現存する建物


安保法を心配する
安倍首相は「日本を守るために集団的自衛権の行使は必要だ!」と、言います。多くの人が「違憲」と指摘し、世論も反対の声が圧倒しています。

それでも政府・与党は、その声を押し切って海外での武力行使を可能にする道を開いてしまいました。国会議員の殆どは、戦争を知らない人たちです。

一発の銃声がきっかけで戦火が広がってしまった例は、いっぱいあります。集団的自衛権を悪用する輩はいない、という保証は無いのです。

今回の安保法が好戦家の開戦の口実とならないように、私たちもしっかりと監視しなければなりません。
原爆被災地の遺跡を巡り、なおその思いを強くしました。 
                            
                                           (終)



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1571-5b053b34