幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

原爆投下から70年(2)

袋町小学校平和資料館 (広島市中区袋町6−36)
IMG_3624_convert_20150920095456.jpg
平和資料館と新校舎は平成14年に完成 (左後方は新校舎)

爆心地から460m離れた位置にある「袋町小学校」を訪ねました。現在は、「袋町小学校平和資料館」になっています。袋町小学校は、原爆投下により西校舎の外郭のみ残して消失しました。当時多くの児童は疎開により被災を免れましたが、残っていた児童は一瞬にして命を奪われました。

IMG_3623_convert_20150920095853.jpg
被曝直後から、被災者の救護所として利用されました。西校舎内の壁面には、被爆者の消息などを知らせる伝言が、数多く残されています。肉親の安否を尋ねるもの、自分の状況を伝えるもの、いずれも涙なくしては読めません。

袋町小学校の平和資料館は、被曝建物として西校舎の一部を保存すると共に、貴重な被曝資料を展示しています。

IMG_3601_convert_20150920094459.jpg
コンクリート壁の中の木材が炭化している

IMG_3615_convert_20150920095323.jpg
ドアが残った

IMG_3621_convert_20150920095605.jpg
太鼓が残った

ここを訪れる人たちが届けたのだと思いますが、資料館のあちこちに千羽鶴や哀悼の文書などが展示されています。
IMG_3609_convert_20150920095739.jpg



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1570-199dad96