幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

自殺

昨日は久しぶりに雨らしい雨が降りました。庭の草木も生き返ったようです。
その庭でコオロギも鳴いています。秋の気配を感じます。



自殺
内閣府の調査によると、18歳以下の子どもの自殺数は、夏の長期休暇が明ける9月1日が突出して多いそうです。

1972〜2013年の42年間に自殺した子どもの数は、18048人もの多数です。自殺者は、いずれも長い休みが終わる頃になると増える傾向があります。内閣府は「環境が大きく変わり、プレッシャーや精神的動揺が生じやすいと考えられる。」と、推察しています。

 ①9月1日→131人   ②4月11日→99人   ③4月8日→95人  
 ④9月2日→94人    ⑤8月31日→92人

今年の夏休みも、後半に入りました。子どもたちにストレスが溜まっていないか?  悩みや不安はないか?  心身の変化を、しっかり見守るようにしましょう。

自殺を考えている子は、必ず救いを求めるサインを出していると言われます。
このサインを、見落とさないようにすることが大事です。


芥川龍之介が自殺したのは、昭和2年(1927年)7月24日です。現在のように冷房施設が整っていたら、彼は自殺しなかっただろうという識者もいます。

でも彼は、大正11年(1922年)30歳の頃から、健康が衰え始めたようです。大正15年1月には、胃腸病・神経衰弱・不眠症などの療養のため、湯河原に滞在しています。さらに同年4月には、湘南の鵠沼海岸に移って養生しています。

自殺した年の3月には、雑誌 [改造]に「河童」を発表しています。「河童」に登場する詩人のトックは、ピストル自殺しますが、私はいつもトックを作者に重ねて読んでいます。

作中トックの幽霊と会話する件に、次のようなものがあります。

 問  心霊諸君の生活はいかん? 
 答  諸君の生活と異なること無し。
 問  しからば君は君自身の自殺せしを後悔するや?
 答  必ずしも後悔せず。予は心霊的生活に倦まば、さらにピストルを
     取りて自活すべし。
 問  自活するは容易なりや否や?
     トック君の心霊はこの問に答うるにさらに問をもってしたり。
     こはトック君を知れるものにはすこぶる自然なる応酬なるべし。


芥川龍之介が自殺した年の10月、[改造]に「或阿呆の一生」が掲載され ました。その [四十九 剥製の白鳥] の中に、こんな一文があります。

彼は「或阿呆の一生」を書き上げた後、偶然ある古道具屋の店に剥製の白鳥のあるのを見つけた。それは頸を挙げて立っていたものの、黄ばんだ羽根さえ虫に食われていた。彼は彼の一生を思い、涙や冷笑のこみ上げるのを感じた。彼の前にあるものはただ発狂か自殺かだけだった。彼は日の暮れの往来をたった一人歩きながら、おもむろに彼を滅ぼしに来る運命を待つことに決心した。

あの芥川龍之介でさえ、自殺のサインを出していたのです。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1561-ac2e521c