幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

楽しいときは楽しく

梅雨明け
台風11号は、西日本を縦断しました。高知県に上陸してから鳥取県に抜けるまで、15時間もかかりました。お陰で長雨が続き、その爪痕が各地に残されました。台風街道日本だからと、諦めてはいられません。備えあれば憂いなしです。

東京地方も梅雨明けしたようです。いよいよ本格的な夏の暑さがやって来ます。元気で乗り切りたいと思います。


IMG_2915_convert_20150712102438.jpg
夏の広島湾 (江田島からの帰りの船から写す・昨年7月)


 楽しいときは楽しく

  そう 幸せなときは幸せに
  楽しいときは楽しく
  せいぜい夏の日くらい
  人生はせまい拡がりだから
  より輝かしく あたたかい色あいを
  陽の光に着せることができるなら
  夕星がもっと輝くなら
  空がもっと青く見えるなら 私は彫刻師にちがいない
  だけど そんなことは有り得ないから
  幸せなときは幸せに
  楽しいときは楽しく     (以下略)

       (I Am Merry When I Mayより・作山宗久訳)


「青春とは心の若さである」と詠った、サムエル・ウルマン(Samuel Ullman ・
1840〜1924年・ユダヤ系アメリカ人)の詩の一節です。

「いまの世の中、ちっとも楽しくない。」 と言う人がいます。確かに見回して見ても、良いニュースが聞こえてきません。政府は景気が良くなっていると言いますが、私たち庶民には実感が伴いません。新国立競技場の建設計画も白紙に戻りました。誰が考えても総工費2520億円は高すぎます。身分相応のオリンピックにして欲しいと思います。

東北大震災の復興もまだ半ばですし、未だに、原発事故で避難している人たちも沢山います。国会では憲法違反と言われながらも、安全保障関連法案が衆院を
通過しました。それにしても、国会運営自体が混乱しています。

外交問題では、中国・韓国との関係がねじれたままです。北朝鮮による拉致問題も、相変わらず解決の糸口さえ見つかりません。TPP交渉も難航しています。

天気の方も梅雨時に台風が頻発したり、梅雨の晴れ間は猛暑だったり、 やはり
地球温暖化が心配されます。

考え始めると、心配の種は尽きません。でもいま自分が少しでも幸せと感じるなら、そして楽しいと思う時があるなら、その気持ちを大事にするようにしましょう。こんな時こそ、プラス思考がものを言います。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1551-cdae9af8