幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

小さい秋見つけた・1

 IMG_3067_convert_20140909141253.jpg
 ヒラタケ?  (サルノコシカケの仲間には間違いない・2014, 9. 10写す)
庭の木の古株に、ヒラタケらしいキノコが密生していました。このところ雨が続いたので、キノコの生育にとっても好条件だったのでしょう。秋の訪れを感じます。写真に撮ってみて、模様として何かに活かせないかな・・・?  と、思案しています。カワラタケからは、癌の薬が生成されると聞きました。

8日は、旧暦8月15日ですから「十五夜」でした。でも台風14号が伊豆諸島
付近を通過したため、月を見ることは出来ませんでした。

ところが月齢は、8日が13.5・9日が 14.5ですから、満月という目で見ると
9日のお月様の方が丸いのです。
9日の月の出は午後6時頃と聞いたので、2階の窓辺で待ちました。

少し雲がかかっていたので、輪郭のぼやけた黄色味を帯びたお盆のような月が、やがてゆっくり姿を現しました。しばらく眺めているうちに雲が多くなって、それからお月様も休み時間になってしまいました。再び姿を見せたのは、午後8時頃だったでしょうか?

十五夜は旧暦月で毎月あるわけですが、たまたまこの季節の満月は、地球に
最も近い距離にあるため何時もより大きく見えます。

8日は、暦の上の「白露」です。わが家の雑草園でも、葉末の露が目立ってきました。白露に秋を感じるのは、日本人ならではのことです。この時期、コオロギも鳴き始めます。

実は今朝、風呂場でエンマコオロギを見つけました。どうして風呂場に? 
わが家の庭は雑草園ですから、さっそく捕まえてその中へ放しました。

ふと気になって、雑草の中を手で分けて覗いてみました。何時もなら虫たちが
一斉に飛び出してくるのですが、アリ1匹出てきません。どうしたのでしょう?

雑草園が、虫たちの生息場所として適さなくなったのでしょうか?
虫たちが棲むためには、餌があり・かくれががあり・繁殖場所があることが必要です。その他にも、明るさ・適当な温度や湿度・風通し・・・ などが必要です。

何か異常があって、虫たちは移住してしまったのでしょうか?  まさか風呂場が移住先?  とは思いませんが・・・

秋の空は高く、うろこ雲やひつじ雲が目立ちます。秋の風は白いとも言われます。「白秋」という言葉さえあります。お天気博士の倉嶋厚さんは「秋の風を白く感じさせる第一のものは、空の高さではないかと思う。雨雲の垂れこめた空は低く黒い。それが一変して高く明るい空になる。空気が白く乾いていくのである。」と、言います。

雑草園の中に、ミズヒキ草を見つけました。目立たない花ですが、
小さな秋を感じます。 (2014, 9. 10写す)
 IMG_3065_convert_20140909143900.jpg

ひと昔前は、わが家の庭にも赤トンボが飛んできたのですが、今は全くその姿を現すことはありません。地球温暖化の影響で無ければ良いのですが・・・


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1461-caa48763