幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

心痛の記

心の痛む事件・事故が続きます。

昨年三重県朝日町で発生した女子生徒(中3)殺人事件の犯人が、検挙されました。犯人は、近くに住む高校生の男子生徒(18歳)でした。特別な問題行動は無く、ごく普通の高校生だったとのことです。でも外見だけでは、人は判断出来ません。

ニュースを聞いて心を痛めている矢先に、3日早朝、夜行バスの衝突事故が起きました。乗客の高校教諭小野義広さんと、運転手が死亡しました。意識を失った運転手へ小野さんが立ち上がって声をかけた直後に、バスは2台のトラックに激突し、はずみで小野さんは車外に投げ出され死亡したと言われます。何とも
遣り切れない思いでいっぱいです。

3日深夜には、千葉県柏市で連続殺傷事件が起きました。31歳の会社員池間博也さんが死亡し、別の男性3人が負傷したり車を奪われたりしました。 わずか
10分ほどの間の犯行でした。

犯人は昨日(5日)逮捕されましたが、殺された池間さんと同じマンションの住人(24歳男)でした。しかもこの犯人は、目撃情報を得意げに報道陣へ話していたと言うのですから、当人の心情が理解出来ません。

常軌を逸する人間はごくわずかしかいないと信じますが、同じ空の下で生活していることを考えると、空恐ろしい気持ちになります。

これらの事件や事故を耳にすると性悪説族が多いのでは? と心配になります。しかし 「天網恢々疎にしてもらさず」です。天罰は必ず下ります。

それにしても命を粗末に扱う輩が、まだまだはびこっています。
口を酸っぱくして「生は難く死は易し」と、彼らに説きます。
何よりも命を大切にする世の中になって欲しいと、心から願っています。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1410-ded2424a