幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

ひな祭り



きょう3月3日は、ひな祭り(桃の節句)です。他界した妻が、幼い時に買ってもらったというひな人形を飾りました。太平洋戦争中ですから、現在デパートなどで売られているような豪華な人形ではありません。当時は「贅沢は敵」と言っていた時代です。売っていたとしても、買ってはもらえなかったと思います。

江戸風の小さな木目込み人形ですが、妻がとても大事にしていました。孫娘も成人して人形への関心が薄れてきましたので、ひとり私が、ひな祭りを祝っているというわけです。

今のようなひな祭りの行事は、江戸時代後期から始まりました。それまでは、紙人形に託して、厄や不浄を払うため川に流すのが一般的でした。平安時代には、形代と呼ばれた紙人形を川に流す行事が、すでにあったようです。現在でも「流しびな」の行事が、各地でとり行われています。

中国では、ひな祭りに桃の花を浮かべたお酒を飲んでお祝いするそうです。桃は邪気を払い長命をもたらすと言われます。今夜は赤ワインでも空けて、桃酒の功徳にあやかることにします。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1409-6808a331