幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

英語教育

英語を正規の教科として小学校で扱うことが、話題になっています。
グローバル化と言われる時代ですから、世界で広く使われる英語を話せるようになるのはよいことだと思います。

振り返ってみると英語を学ぶチャンスは、中学から大学まで10年間もありました。そんなに学んでいたのに、英語を話すことは出来ません。一緒に学んだ友人たちも、皆そうです。

「従来の英語教育では話せるようにならない」というのは、定説です。何故でしょうか? 原因は、色々言われています。
文法中心だから・読み書き中心だから・日常会話と無関係だから・行動と結びつかないから・指導者が力不足だから・教材が不備だから・・・

だから小学校から早く実用的な英語に馴れ、確実に話せるようにしようというわけです。でも前述の課題は、どうクリアされるのでしょうか?

私が小学校からの英語教育を肯定するには、条件が2つあります。

1つは、小学校で英語を学ぶための環境構成です。英語は勿論ですが、言葉は記号であり思考の手段です。生育環境と結びついて獲得されるものです。その環境づくりがうまく出来るかどうかで、英語を習得して使用するようになれるかどうかが決まります。

英語が理解出来るようになるには、赤ちゃんと同じように、周囲で英語を話す人の発音や用法を真似して覚えなければなりません。子どもたちは、すでに日本語を話します。これが英語学習のブレーキになります。だから日本語がブレーキにならないような環境づくりです。それには教育活動の全ての場を、英語環境で構成する工夫が必要です。

例えば1日の学校生活を英語でリードします。バックミュージックに、英語の歌を流します。教室・廊下の壁面は、英語の文書やポスターで飾ります。絵本や物語の読み聞かせなどで、英語に触れる機会を増やします。授業でも英会話を多用し、英語圏文化の紹介に力を入れます。
クラブ活動では、英会話・英語劇・英文学・英語での歌やダンス・・・ そんな活動を増やします。それに母国語が英語である外人講師を招くことも、環境づくりとして効果的です。

英語教育に力を入れ過ぎると、日本語がおろそかになるのでは? という心配があります。でもそれは家庭や学校で正しい日本語・美しい日本語が使われていれば、心配はありません。

もう1つは、教育課程の位置づけです。英語が必修になっても、指導時間は週1〜2時間確保するのがやっとです。そうすると、どうしても狭い範囲の教科カリキュラムになりがちです。

英語は言葉ですから、教えるには言語刺激が豊富な環境が必要です。そのために、全ての教育活動に結びつく広領域カリキュラムでなければなりません。
子どもは、自分の必要性や興味・関心があることならよく学習します。つまり実際の生活場面で、英会話を必要とするカリキュラムの構成です。

言語の発達は、個人差があります。個別学習・個別指導の場を設け、個性化を図ることも大事です。学習形態も多様な方法を考えて、指導の効果を上げるように工夫します。常に英語学習が効果を上げているかどうか? 学習の一部として、評価を位置づけることも忘れてはなりません。

指導組織についても工夫が必要です。1人の教師の指導に頼らず、ティーム・ティーチング(Team Teaching)などを、積極的に取り入れるようにします。いずれにしても言語指導は、教師と児童との人間的な触れ合いが無ければ成功しません。

世界に羽ばたく子どもたちの英語力を期待して!


コメント

相互リンク

初めまして、人気サイトランキングです。
サイトランキングを始めました。
ランキングに、登録して頂きたくメールさせて頂きました。
SEO対策にも力を入れています。
一緒に発展していけれるように頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。
http://1-0x.com/hgh/

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1335-71a6fcd3