幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

再び iMacについて

Appleの資料に、こんなことが書かれています。

「iMacの前に座ってみてください。ちょっと驚くようなことが起こります。
一瞬であなたを取り巻く世界が消え、あなたは大きくて美しいディスプレイ
の中に吸い込まれていきます。私たちがつくりたかったのは、この体験。
私たちがあらゆる限界を打ち破り、すべての細部を見つめ直し、驚異的な
方法でiMacを進化させたのはそのためです。」
そして「美しく磨き上げた、究極のオールインワン。」と、自賛しています。

確かに、自慢するだけのことはあると思います。難しいと思っていた操作も、
慣れれば簡単です。というより、簡単に操作できるように工夫されています。

でも歳を取ると、簡単な操作でも手間取ります。自動的に設定したり配信し
たりで、目が離せません。デスクトップには、様々な情報が表示されます。
アイコンにちょっと触れただけで、ファイルやフォルダに素早くアクセスし
ます。追いつくのが大変です。


IT産業は、どこまで進化・発展するのでしょうか? 
便利になるのは良いことなのですが、「凝っては思案に能わず」・「過ぎた
るは猶及ばざるが如し」。何ごともほどほどが良いようにも思います。

iMacを使いながら、勝手なことを考えています。


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2013/05/25(土) 06:16:52 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1325-6ab4026f