幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

花祭り

きょう4月8日は、「花祭り」です。お釈迦様が誕生した日で、特に大乗仏教徒が大事にする祭日です。

誕生仏(釈迦誕生の立像)を灌浴する儀式を行うので、「灌仏会(かんぶつえ)」と言われます。他にも 「仏生会(ぶっしょうえ)」・「降誕会(こうたんえ)」・「竜華会(りゅうかえ)」・「浴仏会」などの別名があります。釈迦が降誕の時に、香水で洗浴したという伝説に由来します。

「花祭り」と言われるようになったのは、「花御堂(はなみどう)」と言って桜花などで
飾った小さな堂を造り、その中央に甘茶をたたえた水盤を置き、誕生仏を安置して、
参拝者が柄杓で甘茶を仏頭に濯ぐことが行われたからです。

灌仏会は、仏教伝来の昔からありましたが、甘茶を濯ぐようになったのは、江戸時代
に入ってからです。(その前までは香水が用いられた)

花御堂を花で飾るのは、マヤ夫人が沙羅樹の花の下で、釈尊を産み落としたという
故事によります。 (世界大百科事典・平凡社より)


幼い頃近所のお寺へ行って甘茶を飲みましたが、当時は甘いものに飢えていたので、結構おいしい飲み物だと思いました。今の子どもたちは、どうでしょうか? 
きっと 「不味い!」と言って吐き出してしまうでしょう! それだけ食生活が、豊かに
なったのです。

甘茶は、アマチャ(ユキノシタ科の落葉低木)又はアマチャヅル(ウリ科の多年草)の
葉を煎じたもので、少し甘味があります。

いまわが家は、カランコエムスカリの花がきれいです。
 
カランコエカランコエ赤
カランコエ

カランコエの花言葉には、「幸福を告げる」・「あなたを守る」・「おおらかな心」
・「たくさんの小さな思い出」 などがあるようです。
原産地は、マダガスカル島・東アフリカ地方だそうです。
多年生の多肉植物で、世界には200種以上あると聞きました。

栽培が簡単なので不精者の私にとっては、手間のかからない愛すべき植物です。
さし芽ですぐ育つので、わが家には赤・黄のカランコエが10鉢以上あります。
これから6月いっぱいは花を楽しめますが、観葉植物としても見飽きません。
ただ寒さに弱いので、冬は室内に移動します。


ムスカリ
ムスカリ

ムスカリの花言葉は、「明るい未来」・「寛大な愛」・「通じ合う心」などですが、「失望」
・「失意」など マイナスイメージもあります。

ユリ科の植物でヒアシンスに近いので、「ぶどうヒアシンス」とも言われます。
原産地は南西アジア・地中海沿岸と言われます。
育て易い植物で、どんどん増えて行きます。



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1315-630e7fd4